2018紫苑ステークスの予想です。本命マウレア

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

2018紫苑Sの予想です。

まずはコース形態について

 

・最初の直線が約400Mと短めなので、序盤速くなる可能性がある。

・1角が上り坂なのでここを過ぎると隊列が落ち着き、ペースも緩む。

・緩みすぎると向こう正面での捲くりに注意。

 

という感じ。

1角2角が上り坂と下り坂で構成されていることもあって、ハイペースでレースメイクするのは難しいコース形態です。基本的には「ミドルペース」「スローロンスパ戦」というイメージで予想を組み立てたい。

 

◎マウレア

春の時点での能力比較で考えると2枚も3枚も抜けている馬です。「スロー向き」な馬なのでコース傾向とも合っていそう。差し馬なので1番枠は少し微妙ですが、比較的器用に競馬ができる馬なので問題ないはず。1角2角でアップダウンのあるコースなので馬群がバラけるチャンスもありそうだし、1つ外には外の意識が高い石橋脩騎手もいる。さらには先行しそうなハーレムライン、アヴィオール辺りがスタミナに不安もあるので、ここが垂れてきたところにスペースが出てきそう。

目標が先なので仕上げには余裕もありそうですが、このメンバー相手ならしっかり勝ちきって欲しい。

 

○ノームコア

春の重賞2戦はレベル的にはいまいちだったし展開が向いたところも大きかった。とはいえ、このメンバー相手なら上位の馬です。枠順も恵まれた印象で、ホクセンジョウオーについて行っての2番手集団でもいいし、出たなりでも向こう正面でポジションを獲ることもできる。本番で乗れないルメールを確保していることからも、勝負気配が強い一頭だと思います。しっかり権利を獲って欲しい。

 

△サラス

牡馬相手の1000万下で2着と、このメンバーのなかでは実績上位です。「スタート直後にヨレる」「エンジンのかかりが遅い」という特性があり、さらには「直線でヨレがち」「スロー専の可能性がある」と不安材料も多い。スローロンスパ戦は合いそうなので馬券圏内なら。

 

△パイオニアバイオ

△ロサグラウカ

△クイーングラス

△ランドネ

内目2番手からの粘り込み期待で内目の先行馬もフォローしておきたい。

 

土曜開催の注目馬

中山12R

アルミレーナ

前走はスローの前残り決着を後方から追い込んで5着。包まれてしまい、なかなか進路が開かなかったなかでよく頑張っています。中山1600は序盤に長い下り坂があり、差しが効きやすいコースでもあるので、ここはしっかり勝ちきって欲しい。