2018京成杯オータムハンデの予想です。本命ミッキーグローリー

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

京成杯AHの予想です。

幸先よく紫苑Sは○◎△と本線で的中。この調子で頑張っていきたいです。

 

コース傾向など

・序盤に長い下り坂があり、スローまで落ちる可能性は少ない。

・コース傾向的には前も残るコースですが、このレースに限ってはやたらと差し馬が好走している。この時期の中山開催は外差しが効きやすいので、今回もそういうイメージで予想した。

 

◎ミッキーグローリー

かなり難解なメンバー構成。上積みを期待してミッキーグローリーを本命にしました。3走前の中山1600での勝ちっぷりもよかったし、外差しできるいいポジションを獲れそう。前走も自分から動いて行って0.3秒差で勝利と強い内容でした。2走前5走前に高速馬場で敗戦しているのは気になるところですが、長期休養明けだったことを考慮すれば悪くない結果。ディープ産駒なので高速決着で良さが出てくる可能性もありますし、全弟のカツジが重賞制覇している舞台なのも魅力。鞍上人気も手伝って過剰人気な感じもしますが、期待に応えてくれるだけの資質はあると思います。

 

○ワントゥワン

高速決着が得意で外差し馬場を考えると、適性的には1番勝利に近そうではある。ただ、前走はギリギリまで内で我慢する好騎乗だったし、テン乗り騎手だといまいち成績が悪い馬なので、乗り替わりとなると不安も出てくる。

 

▲ヒーズインラブ

ダービー卿CTより斤量は増えていますが、メンバーも落ちるので問題ないでしょう。とはいえダービー卿CTはハマった感も強かったので同じ競馬ができるかは微妙なところ。藤岡康太騎手は追い込み上手いので、外差し決着でハマるパターンもありそう。コース適性の高さも評価して。

 

△ロジクライ

前走は高速決着にも対応できました。充実期に入っている印象でここでも能力は上位です。とはいえ本来は高速すぎない馬場の方がよさそうだし、ハイペース適性も低いので、この枠で出して行ったときにオーバーペースにならないかが不安。ミドルラップでうまくレースメイクできれば怖い。

 

△トーセンデューク

とにかく良馬場でしか走らない馬。近走不振ですが苦手な稍重馬場が続いていたのも大きかったはず。重賞では足りない馬ですが、昨年5着馬なのでコース適性はありそう。ハマれば怖い一頭。

 

△ロードクエスト

好位からの粘り込み注意。

 

△ストーミーシー

東京新聞杯もダービー卿CTもいい競馬しています。このくらいのG3なら上位の馬ですが、骨折明けなので状態面での不安は残ります。人気がないので一応押さえておきたい。