2018ローズステークスの予想です。本命ウラヌスチャーム

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

先週開催は紫苑S○◎△京成杯AH◎○△と本線で大的中!

[最強]競馬ブログランキングの予想大会で週間MVP貰えるかなーと期待していたんですが、MVPの発表すらなく…。雑誌のリニューアルもあって忙しいんですかねぇ。

 

競馬最強の法則 2018年 10 月号 [雑誌]

 

さて、それではローズSの予想です。まずはコース傾向などから。

 

コース傾向など

・最初の直線が約660Mと非常に長く、先行争いの意識は低くなる。

・最後の直線も長いので、ミドルからスロー気味の意識で予想したい。

・逃げ馬目線で考えると、息を入れるポイントが難しく、逃げ粘るのは困難なコース形態になる。

 

基本的にはスロー気味の瞬発力勝負のイメージで、しっかり末脚を発揮できる馬を重視したい。

逃げ馬不利なコース形態ではありますが、このレースに関しては案外逃げ馬も残っている。とはいえ該当馬はカワキタエンカ、クロコスミア、リラヴァティと、その後重賞でも活躍する素質馬でした。人気薄の逃げ残りを期待するのではなく、「逃げ残った馬は次走以降も注意」というイメージでいいんじゃないかと思います。

 

◎ウラヌスチャーム

前走は直線で包まれてしまい仕掛けが遅れたうえに窮屈なところに入ってしまう苦しい競馬。そんななかで強敵ディメンシオンを相手にハナ差の2着と健闘しました。1000万下ならすぐに勝ちあげる素質があり、このメンバーでは上位の馬だと思います。速い上がりが出せる馬なのでレース傾向とも合っています。春の中山ではいまいちな内容でしたが、切れ味が武器の馬なのでワンターンコースの阪神外回りの方がよさそう。初の関西圏への輸送は不安ですが、どの馬も信頼しきれないところがあり、思い切ってここから攻めたい。オッズもそこそこついているので。

 

○サトノワルキューレ

紫苑Sの結果を見てもフローラSはそこそこレベルが高かったと思う。そこでのレースぶりもよく、能力的には最上位の馬でしょう。速い上がりも出せるのでレース傾向とも合ってます。長い直線向きで阪神外回りなら崩れる可能性は少ないはず。1800はちょっと短い印象もあり、目標も先。勝ちきるまでは微妙ですが、適性と能力で上位争いして欲しい。

 

▲トーセンブレス

オークスを使えなかったことで間隔開いてしまったのが不安ですが、やはり能力的には上位の馬。末脚は強烈だし阪神では崩れない。ヨシトミ先生なので4着っぽい感じもありますが、スローの瞬発力勝負になればしっかり追い込んで来てくれるはず。

 

★ウスベニノキミ

前走はペースが遅くて早めに動いた結果、勝ち馬のいい目標にされてしまいました。1000万ならすぐに勝ちきれそうなレースぶりだったので、このメンバー相手でも十分通用するでしょう。内枠を活かした競馬ができればチャンスはあるはず。

 

△サラキア

フローラSの敗戦は直線で進路を獲れなかったのが原因で、サトノワルキューレと比較しても遜色のない能力はあるはず。どうしても出遅れてしまうので、内目の枠がかなり不安。最初の直線が長くてリカバーするのが難しいし、外のサトノとトーセンも出が悪いので外に進路を獲るのも苦労する可能性がある。ポジションが噛み合えば。

 

△ゴージャスランチ

わりと器用に動ける馬なのでスロー前目からの抜け出しを注意したい。忘れな草賞では出遅れてしまったので関西輸送が苦手な可能性もあり、ヒモまで。

 

△カンタービレ

こちらもうまく内目前目を獲れたときの抜け出し注意で。

 

消しオールフォーラブ

能力的には通用しても不思議はないですが、スローで瞬発力を求められる展開になると不安も大きい。