2018セントライト記念の予想です。本命レイエンダ

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

昨日のローズSは△△無でハズレ。本命のウラヌスチャームは惜しくも5着でした。直線までのポジショニングは抜群でしたが、追ってからの反応がいまいち鈍く。最後はじりじりと伸びていただけに、もう少し仕掛けが早ければ結果も違ったかもしれません。悔しいレースでした。勝ったカンタービレはスローで機動力を活かせる展開なら強いですねー。秋華賞でも立ち回り次第でチャンスがありそうです。

 

さてセントライト記念の予想です。

コース傾向など

・ゴール直前の直線からスタートし、1角途中まで上り坂が続く。

・ラスト6Fから緩やかな下り坂に入り、徐々に加速していく。

基本的には「ややスロー」の流れからのロンスパ戦、もしくは瞬発力勝負という感じ。タニノフランケルもジェネラーレウーノも瞬発力勝負には持ち込みたくないと思うので、スロー気味の流れからのロンスパ戦のイメージで予想したい。馬場がかなり速いもで、高速馬場の適性にも注意。

 

◎レイエンダ

重賞初挑戦でこの人気となると疑ってかかりたくなる気持ちもありますが、前走も余裕を持っての完勝だったし、このメンバーなら即通用できそう。ルメール鞍上での天皇賞参戦も予定しているようなので、素直に信頼します。お兄さんのレイデオロ同様競馬が上手いので、崩れる可能性は低いと思う。

 

○ブレステイキング

権利の欲しい1戦。レイエンダを見ながら競馬ができそうなので展開はハマりやすいはず。コズミックフォースやギベオンとの比較で考えても、このメンバーでは上位だと思うし、前走撃破したチャロネグロも1000万下で好走する素質馬です。プリンシパルSでは後方からの競馬になってしまいましたが、外枠不利な東京2000だったのが原因。本来もう少し前で競馬ができる馬なので、立ち回りも下手ではないと思う。高速馬場得意なディープ産駒なのも魅力。夏を越しての成長を期待したい。

 

△コズミックフォース

すみれSでの敗戦はレース間隔が短いなかでの輸送が響いた印象。関東圏なら信頼できる。スローだとキレ負けしそうですが、前が早めに動いてくれると思うので、それを目標にしながら競馬をしてくれればチャンスがありそう。

 

△ギベオン

この馬はとにかく競馬が上手い。出して行っても掛からないしペースが遅いと行きたがる。崩れにくいタイプなのでここでも中心視したいところではありますが、やはり枠が微妙。戸崎騎手なので出たなりでポジション獲ると思うんですが、スローペースに巻き込まれて動くに動けないという可能性は出てくる。進路さえ確保できれば。

 

△タニノフランケル

京都新聞杯での敗戦はスタート直後に躓いたのが原因。序盤楽に先手を奪えばしぶといです。前走もカフジバンガードに4馬身差も差をつけるレースぶり。カフジは日曜のレースでアドマイヤアゼリを相手に完勝を収めており、改めて評価できる内容でした。コース形態的に序盤緩むはずなので、そこでスムーズに先手を獲れればチャンス。

 

△ケイティクレバー

展開向いた面も大きかったですが、ポポカテペトルやキタノコマンドールといった強敵を相手に健闘しています。展開ハマるかは微妙なところですが、この人気なら押さえておきたい。

 

以上◎○からの馬券を中心に。

グレイルとジェネラーレウーノは高速馬場適性に不安もあるので、今回は消しにしました。