2018オールカマーの予想です。本命ダンビュライト

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

オールカマーの予想の前に、先週のセントライト記念の回顧を少々。

1着ジェネラーレウーノ…無

2着レイエンダ…◎

3着グレイル…無

 

タニノフランケルが中盤に速いラップを刻んだことと、思いの外時計がかかっていたことで、高速馬場適性を問われないレースになりました。高速馬場適性を重視して予想をしてしまったので、それが大きな敗因。馬場も展開も向ききらなかったなかでレイエンダ、ブレステイキングはよく走っていると思います。ジェネラーレウーノは前が飛ばしてくれる流れだと強いですねぇ。展開と馬場次第では菊花賞でも面白そうです。

 

さて、それではオールカマーの予想に移ります。

レース傾向など

・ゴール直前の直線からスタートし、1角途中まで上り坂が続く。

・ラスト6Fから緩やかな下り坂に入り、徐々に加速していく。

 

基本的にはスローになりやすいコース形態であり、昨年のようにドスローまで落ちる可能性もある。ただ今年は武豊騎手、藤岡佑介騎手がレースメイクするはずなので、ペースが落ちすぎることはなさそう。スローからややスロー程度のロンスパ戦を想定して組み立てたい。

 

◎ダンビュライト

・大阪杯は展開不向きで参考外にできる内容。

・宝塚記念は序盤噛み合わなかった(川田騎手が上手くブロックした)なかでよく走っている。

・キレる脚がないのでスローロンスパ戦になりやすいコース形態もプラス。

 

本命は強い4歳世代から。能力はG1クラスだと思います。AJCCを勝利しているようにコース形態も合っています。得意コースのうえに武豊騎手の4000勝もかかっているわけで、ここにかけるモチベーションも高いはず。

 

○レイデオロ

・現役トップクラスの実力馬。

・近走行きたがるところを見せているのが心配。

 

捲くりの競馬でダービーを勝利したのも見ても、本来は操縦性のよさが魅力の馬だと思う。そんななかで京都記念で掛かってしまったのは不安。ドバイでも口を割るシーンがあり、気性の悪いところが出てきてしまっているように見える。父こそ違いますがお兄さんのティソーナもセン馬にされてしまっていますし…。まともなら好勝負必至ですが、気性のところだけがほんの少し不安です。

 

▲アルアイン

・対応できるペース、馬場の幅が広く、崩れにくい。

・直線でヨレる馬なので、テン乗りがどうか。

 

スローだとキレ負けするタイプですが、それでも上位に食い込めるくらい対応力が高い馬です。直線でけっこうヨレるので、勝ちきるまでは微妙なところ。

 

△ガンコ

前目で主導権を獲れそうなところを評価。距離も少し短いと思うし高速馬場適性も微妙、社台の馬ではないので休み明けについても不安は大きいですが、展開ハマっての3着なら。

 

△ブラックバゴ
△ショウナンバッハ

高速馬場適性の高さを評価。ブラックバゴは戦績的には微妙ですが、バゴ産駒は高速馬場得意な馬も多いので。

 

△ゴールドアクター

仮に全盛期の能力に戻っていたとしても、4歳世代の上位馬を相手にすると分が悪い。今回からチークを着用するという話もあるので、一変の可能性も想定して3着の押さえに。

 

上位3頭が抜けていると思うので、馬券は◎-○▲の馬連中心で。