2018神戸新聞杯の予想です。本命タイムフライヤー

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

2018神戸新聞杯の予想です。まずはコース傾向などから。

 

コース傾向など

・長い直線と少頭数になりがちなレース設定もあり、スローの瞬発力勝負になるケースが多い。

 

逃げ馬目線で考えると「向こう正面が長い」「4角が緩く、スピードを乗せやすい」ことでリードを作れる箇所が非常に少ない印象を受ける。前目で競馬をする馬なら加速力が欲しい。

 

◎タイムフライヤー

上位馬がなかなか信頼しきれないこともあり、思い切ってタイムフライヤーを本命にしました。春3戦の内容は非常に悪いんですが、「若葉Sで大外を回したことでオーバーワークになった」「皐月賞とダービーは状態が戻りきらなかった」という陣営の話もある。阪神内回りは内外の差が大きいコースなので、たしかに若葉Sで無理に追い込んだのはダメージがあったのかもしれません。前目からでも速い上がりを出せる馬なので、内目好位から上手く立ち回れば出し抜けるチャンスもありそう。

戦績だけ見ると単なる早熟馬にも見えますが、母系には8歳まで一線で活躍したタイムパラドックスがいるし、成長力のあるハーツ産駒。2歳時からの成長も期待できます。調教も動いているので、頑張ってもらいたい。

 

○エタリオウ

ダービーはギリギリまで内々で競馬をする好騎乗でした。とはいえ前残り決着で4着まで追い込んで来れたのは評価できる内容だったし、ここなら上位の馬。追い込み競馬で良さが出てきたので、溜めすぎて差し損ねる可能性もありそう。

 

▲ワグネリアン

気性の難しいところがあり、前走先行してしまったことで掛かる可能性も低くはいと思う。臆病なところもあるので内目の枠で包まれる危険性があるのも不安。掛かることなくスムーズな競馬ができれば。

 

△エポカドーロ

藤原調教師は休み明けあまり仕上げないケースがあり、この人気だと買いにくいところはある。とはいえ年明け5戦と使い詰めが続いていたダービーでも結果を残しているので、馬自身は調子不問で頑張れるタイプにも見える。前に厳しいコース形態があるので1着2着となると微妙なところですが3着なら。

 

△ゴーフォザサミット

ずっと距離不足のレースでの出走が続いていただけに2400では安定している。末脚の破壊力も高く、コース傾向とも合致する。近走前で競馬ができるようになっているので、距離延長だとポジションが噛み合いきれない可能性もありそう。初の関西輸送と最内枠も気になるので、押さえまで。

 

△アドマイヤアルバ

こちらも距離が伸びて良さが出てきました。京都新聞杯では速いラップの地点で捲くって行く強い内容だったし、ダービーでも上がり最速を披露。ここでも侮れない。

 

以上6頭で。

24日には地方交流重賞のオーバルスプリントもあるので、予想を公開する予定です。明け方の更新になるかもしれませんが、お付き合いいただけたらと思います。