2018スプリンターズステークスの予想です。本命ファインニードル

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

土曜開催のシリウスSは無△◎で決着。オメガパフュームは内でゴチャつく可能性を考えて無印にしてしまいました(´・ω・`)今年の3歳ダート戦線はなかなか強力なので、ヒモには押さえておくべきだったなぁ…。

 

さてスプリンターズSの予想です。まずはコース傾向などから。

 

・序盤長い下り坂が続くのでハイペース必至。

・直線が短いので基本的には前有利。

・レースの大部分がコーナーになるため、外を回す馬には若干不利が生じる。

 

基本的には逃げ先行馬有利と考えてよさそう。今年は馬場も悪そうなのでより一層その傾向は強まると思う。とはいえ15年ウキヨノカゼのように大外ブン回しても届くケースがあるので、能力次第では差し馬追い込み馬にも注意が必要。

 

◎ファインニードル

休み明けのセントウルSを完勝。超高速馬場になると一抹の不安もあったが、この馬場状態なら死角は少ない。素直に本命。ラブカンプー、セイウンコウセイが外にいて、テンがあまり速くないナックビーナスがさらに外という並びはちょっと不安で、なし崩し的にポジションを下げてしまう危険性はありそう。まぁでも川田騎手なら考えて乗ってくれるはず。

 

○セイウンコウセイ

長いスランプに陥っていましたが、前走は久しぶりの勝利。高速馬場にも対応できるようになったのは収穫で、改めて充実期に入っている印象。稍重馬場の高松宮記念を制しているように、本来は時計がかかる馬場に向いている馬。重・不良馬場での開催も問題ないでしょう。揉まれ弱い馬なのでワンスインナムーン、ラブカンプーの外の枠順を獲れたのもよかった。前残りを期待して2番手評価。

 

▲ナックビーナス

前走は自分からペースを作って0.4秒差の完勝。モレイラ騎手とも手が合っているようで詰めの甘さが払拭されました。パワーワイプの馬で重馬場適性も高そう。加速力もあるので大崩れする可能性は少ないはず。ラブカンプー、セイウンコウセイの外という枠順もよく、内の逃げ馬を見ながらポジションを獲れる強みもある。

無難に先行してくれれば無難に馬券圏内に入れるとは思うんですが、前走逃げて勝っているだけに先行争いに巻き込まれてしまう可能性もあるかもしれない。そういうところがちょっと不安ではある。

 

△キャンベルジュニア

正直この馬の特性はよくわからないw「1200は短いだろうし本来高速馬場向きの馬」と思っていたら前走キーンランドCではロスのある競馬で結果を残しました。キャンベルジュニアが4着に入れる程度のレースレベルにも見えますが、ダノンスマッシュ、ペイシャフェリシタもそこそこ強い馬なので、判断が難しいところ。思っている以上に強い可能性もある。オッズもついているし馬場読み得意な田辺騎手なので一応押さえておきたい。

 

△ラブカンプー

前残り決着を想定で押さえておく。ミルコがレッドファルクスと迷っていたという話もあるようで、やはり素質の高い馬だと思う。超高速馬場の北九州記念、重馬場のセントウルSと両極端な馬場で結果を残したのも見事だったし、自らハイペースを演出しての結果だから尚更です。使い詰めだし斤量も増えるので不安材料も多いですが、レースなりに頑張ってくれるタイプに見えるので、展開次第では粘り込める可能性もありそう。

 

△ラッキーバブルズ

この馬場このオッズなら一応押さえておきたい。

 

△ワンスインナムーン

本来1400向きで、1200ではスロー気味の流れが欲しい馬だと思う。同型の多い今回は厳しいレースになることは間違いない。ですが、弟のディバインコードが重馬場の道新スポーツ杯を勝利していることと、重馬場得意な馬も多いアドマイヤムーン産駒なので、重馬場で良さが出る可能性もありそう。前残り決着を期待して押さえに。

 

レッツゴードンキはイン突き得意な馬なので、前残り想定だと買いにくい。レッドファルクスは高速馬場向きだと思うし長くいい脚を使うタイプなので中山1200も合ってないと思う。2連覇中ですが、この舞台得意なミルコの腕も大きかったと思うので。