2018毎日王冠の予想です。本命ステルヴィオ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

毎日王冠の予想です。まずはコース傾向などから。

 

・マイラーと中距離馬が同居するレース条件。ペースの傾向を探るのは難しいコースになる。

・2角のポケット地点からのスタート。3角までが長いので先行争いが激しくなるようなことは少ない。

・エアレーションの影響もあってか、近年はやたらと差し追い込みが決まる。そういうこともあってディープ産駒が非常に相性よく、過去3年で7頭も馬券に絡んでいる。

 

基本的には後方から速い上がりを出せる馬を中心視したい。馬場もいいので高速馬場適性も大事。

 展開に目を向けると、逃げるのはおそらくアエロリット。キレ負けするタイプなのである程度ペースを上げたいところ。そんななかでテン乗りのモレイラなのはどうかなぁというのはある。突いてくるような馬も見当たらないので、スローで楽逃げした結果瞬発力勝負に屈するというケースも想像できる。ミドルからややハイ想定を基本にしつつ、スローまで落ちる可能性も考えておきたい。

 

◎ステルヴィオ

エンジンのかかりが遅いので東京の長い直線は向く。本来適性外のスプリングS皐月賞の内容がよく、スプリングSでエポカドーロを差しきったのは見事だったし、展開向かなかった皐月賞でもよく追い込んできました。やはり世代屈指の能力はある。ペースが上がってもしっかり脚を使えるタイプだし、スローまで落ちたとしても直線の長いコースなら対応できるはず。世代間のレベル差だけが少し心配ですが、ブラストワンピース、プリモシーンらの活躍を見てもダメダメ世代ではないと思う。

 

○ケイアイノーテック

速い上がりを出せるディープ産駒ということで2番手評価。クラシック戦線で活躍していたステルヴィオと比較すると少し劣るところはあると思うけど、適性を評価して。

 

▲キセキ

不良馬場の菊花賞を勝っている馬ですが、本来は大箱コースの中距離高速馬場に適性がある馬だと思う。というのも、新馬戦と昨夏の信濃川特別がなかなかインパクトがあって、ラスト2Fに10秒台に入る高速ラップで強い勝ちっぷりだったのが印象に残っている。気性の難しいところがあるし、アエロリットがマイラー向きのペースを作ると追走苦労する心配も出てくる。不安材料も少なくないですが、オッズもついているので、持っているポテンシャルに期待したい。

 

△アエロリット

現在のマイル路線はなかなかレベルが高いので、安田記念での2着はかなり評価できる内容。このメンバーを見渡して安田記念で馬券に絡む馬がいるかとなると微妙なところだし、能力だけで考えると最上位の馬だと思う。能力は評価するものの、適性的に今回は微妙にハマらなさそうにも見える。距離延長だと最後に甘くなる危険性もありそうだし、強気な印象を受けるモレイラの騎乗スタイルもあって、早めの仕掛けから最後まで持たないのではないか?という不安がある。小回りコースならそれでも上位に来ちゃうと思うんですが、東京の長い直線だと不安も大きく、押さえまで。

 

△ダイワキャグニー

3走前の東京新聞杯は上位がリスグラシュー、サトノアレスというのを見てもレベルの高い1戦だったと思う。さらに内外のバイアスが強かったレースで、外からの競馬で3着に入ったのは評価できる内容でした。リスグラ、サトノとは遜色のない能力があるはず。近2走いまいち出脚がつかない(前走は馬場が悪かったので参考外にできるレースではあったが)のと速い上がりが出せないのは心配ですが、能力の高さを評価して一応押さえ。

 

△サトノアーサー

追い込み脚質のディープ産駒なのでレース傾向としては合っている。とはいえ、ディープ産駒のわりに高速すぎる馬場は向いていない馬なので、この馬場このメンバー相手では評価を下げる必要がある。エンジンのかかりが悪いのでしっかり外にエスコートできるかがカギ。そんななかで内目で競馬をしたい戸崎騎手で、さらに内目の枠となると包まれたり仕掛けが遅れたりという不安もある。

 

強い4歳世代に3歳世代の代表格が割って入ることができるかどうか。どうしても上位人気馬が消せなかったので今回は6頭だけ買います。