2018スワンステークスの予想です。本命モズアスコット

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

今週は時間の都合もあってスワンSと天皇賞秋の予想だけにさせていただきます。申し訳ないです(´・ω・`)

アルテミスSはトスアップに注目しています。新馬戦はスタートもよかったうえに、ジョッキーの指示を素直に従ってくれる操縦性の高さを感じました。末脚の破壊力が抜群のグレイシアももちろん楽しみで、この2頭を少額買っておこうかと。

さてスワンSの予想に移ります。

 

コース傾向など

500M(直線)500M(3角4角)400M(直線)というコース形態で、最初と最後の直線が長く、実力馬が力を発揮しやすいコース。

とはいえ過去のレースを見ると、荒れやすい傾向にはある。やはり人気馬にとってはマイルチャンピオンシップの叩き台だし、1400という距離設定も相成ってなかなか人気通りには決まらないのかな。という感じ。1400で上昇しそうな馬を狙いたいところ。

 

◎モズアスコット

特に嫌う要素もないので素直に本命。安田記念前は惜敗が続いていましたが、ペースや出遅れが響いたもので、それでも2着に来ているのは実力の証明でしょう。もちろん安土城Sのように出遅れてしまう可能性もありますが、少頭数&外枠なので少ないロスで競馬ができるはず。気性的にも距離短縮は合っていると思う。

 

○ロードクエスト

長いスランプに陥っていましたが、1200を使ったことでポジショニングに安定感が生まれました。

前走京成杯AHはウインガニオンの捲くりがあったことで、大きくポジションを落としてしまい、さらに包まれて仕掛けが遅れてしまう。長くいい脚を使うタイプなので、痛恨のロスになってしまったわけですが、進路が開くとしっかり追いこんでの4着と健闘。2着3着のワントゥワン、ロジクライの活躍を見ても京成杯AHはそこそこレベルの高いレースだったと思うので、やはりここでも上位の1頭かなと。

13日から栗東滞在しているということで厩舎の意気込みを感じるし、鞍上もミルコ。あまり外国人騎手を使わない厩舎だけに勝負がかりと予想する。ミルコもルメール相手に悔しい思いをしているので、逆転も考えておきたい。

 

▲デアレガーロ

ちょっと迷走気味ではありますが、条件的にはベストに近いと思う。ややエンジンのかかりは遅いが、かかってからはいい脚を使ってくれるので、京都外回りの長い直線は合いそう。

気性の問題もあって距離短縮向きだと思うし、この馬自身距離延長時の成績が悪いのでそこがちょっと心配。

 

△グァンチャーレ

戦績見てもわかる通り、ここずっと強い馬相手にいい競馬をしています。噛み合えば重賞でも通用する能力はある。休み明けは不安材料ですが、久しぶりの1400戦がハマる可能性もありそうなので押さえに。

 

△レーヌミノル

基本的には距離短縮と稍重以上に渋った馬場がねらい目。良馬場でもこのメンバーなら通用してもおかしくないし、当日雨予報もあるので一応押さえておきたい。

 

△キングハート

高松宮記念以降精彩を欠いていますが、20キロ以上の大幅な馬体重の増減もあったので、暑い時期に体調を崩していたのかもしれない。内目で器用に立ち回りたい馬なので外枠が続いたのも厳しかった。休み明けのシルクロードS以外は崩れていないし、その前のオパールSも直線でぶつけられるまでは手応えがよかったです。

近走はうまく前目のポジションを獲れなかったのも響いていたので、1400への延長はプラスに働く可能性もあります。調教も動いているので重賞勝ち馬らしいレースぶりを期待したい。

 

△ヒルノデイバロー

正直この馬はよくわからないw現役ナンバーワンのムラ馬だと思う。人気もないので押さえておきたい。