2018京王杯2歳ステークスの予想です。本命ファンタジスト

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

京王杯2歳Sの予想です。

東京コースなのでシンプルに「高速馬場適性」「速い上がりを出せる馬」を重視しつつ、今週からBコースになるので前残りもフォローしておきたいところ。

 

◎ファンタジスト

小倉2歳Sは前崩れのレースを外目先行して完勝。上位馬のその後を見てもレースレベル的には微妙なレースでしたが、この馬自身は1頭レベルの違うところを見せたと思います。小倉2歳Sはコース形態上どうしてもハイペースになりやすいレースで、先行して勝ちきった馬はアサクサゲンキ、レーヌミノル、シュウジとその後の活躍も期待できる。

ある程度速い上がりにも対応できるし、スロー必至のメンバー構成で前目につけられそうなのもいい。直線でふらふらするのがちょっとだけ心配ですが、不安材料はそれくらいかな。気性が悪いようにも見えないので輸送も問題ないはず。

 

○アウィルアウェイ

2戦ともにノーステッキで楽勝。速い上がりも出せるので、スムーズにレースを運べたら逆転の可能性も十分あります。しかしちょっと気になるのは気性面。行きたがるところがあり、気性的に難しいところがある馬に見える。そんななかで3ヵ月ぶりのレース+関東圏への輸送となると能力を発揮しきれるか?と不安も残る。当日の気配や馬体重には注意しておきたい。

 

▲カルリーノ

内も突けるし反応もいい。そこそこ操縦性の高い馬です。スタートがいまいちな馬なので、距離延長でカバーできればチャンスもありそう。三浦皇成騎手が左回り得意なので、そういうところも考慮して3番手評価。

 

△ココフィーユ

前走は抜け出すときの脚色のわりに着差がつかなかったので、先頭に立って気を抜いたのかなぁという感じ。時計的にはいまいちなレースでしたが、噛み合えばパフォーマンスを上げれそうなので一応押さえておきたい。シングルアップが引っ張って行ってくれてギリギリ交わせればといったイメージで。

 

△シングルアップ

前残りの可能性とレース相性のいいキンシャサノキセキ産駒なので。

 

以上5頭。

アスターペガサスも函館2歳S強かったので気になるところですが、ジャイアンツコーズウェイ産駒だし高速馬場ではいろいろ噛み合わないと厳しいかなと。ここまで買うとガミっちゃいそうなので今回は消しにしました。