2018ファンタジーステークスの予想です。本命ダノンファンタジー

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

ファンタジーSの予想です。

先週のスワンSと同じく京都1400M外回りコースでの開催。最初と最後の直線が長いので、能力を発揮しやすいコースですが、意外と荒れがちなレースになっている。

牝馬限定戦でさらに最後の直線が長いので、基本的にはスローの瞬発力勝負になると予想する。もちろん1200路線での逃げ馬ヴァニラアイスがいるし、内枠に入ってしまったベルスールなんかも出して行ってペースが上がる可能性はありますが、それでもせいぜいミドル程度かなと。瞬発力勝負に強い馬を中心に、スローまで落ちた場合の先行馬もフォローしておきたい。

 

◎ダノンファンタジー

新馬戦はグランアレグリアを相手に敗戦するも、1:33.9という走破タイムが見事。昨年同時期のステルヴィオでさえ1:34.8の勝ちタイムだっただけに、レベルの高い1戦だったと言わざるを得ない。新馬戦だけ走れればここでは力が抜けているはず。

高速馬場とスローペースしか経験していないので、ちょっと時計が掛かっている京都の馬場とペースには若干不安も残りますが、悪い方にブレてもこのメンバーなら馬券に絡んでくれると思う。

 

○レッドベレーザ

新馬戦は勝負どころで大外ブン回して完勝。18頭立てでロスも大きかったなかで、着差以上に強い内容でした。2着馬も次走強いレースで勝ち上がっているだけに、レースレベルも低くはなかったです。ダノンファンタジーと違って標準程度の馬場やミドルラップでも競馬ができた強みもあります。

 

▲ジュランビル

前走いちょうSはうまく内に入れず、ロスのある競馬になってしまいました。そんななかでクビ差クビ差の3着なら評価できるかなと。馬場もあっていそうだしうまく内目前目で立ち回ればチャンスはありそう。

 

△ベルスール

新馬戦は0.6秒差の完勝。ラップ的にはさほど見どころのあるレースではなかったんですが、終盤流していたのでもう少しパフォーマンスも上がりそうではある。先行して展開ハマれば。

 

△レーヴドカナロア

新馬戦は物見をしたりでまだまだ子供っぽいところがある。3着のアドマイヤスコールは次走好内容で勝利しているので、レースレベルは低くなかった。上積みがあればここでも勝負になると思うし、中央場所でのノーザン&ルメールはなかなか逆らえない。

 

△ラブミーファイン

函館での2戦の内容よかったので、一応押さえておきたい。距離短縮で結果を残している馬なので、再度ハマる可能性もある。

かなり特殊なローテーションになっている馬ですが、個人的には大幅な短縮延長を繰り返すのは馬によくないと思っている。一部の予想家さんもよく話していますが「馬は走る距離を知らない」わけで、こういうローテで競馬をすると「もう終わりなの?」と「まだ走るの?」を繰り返すことになります。なかにはそういうローテを苦にしない馬もいますが、経験の浅い2歳馬には負担も少なくないと思う。

良くも悪くもしばらく注目しておきたい。