2018JBCスプリントの予想です。本命マテラスカイ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

JBCスプリントの予想です。短い直線と3角に下り坂があるので、やはり先行馬を中心視したい。

 

◎マテラスカイ

明らかに高速ダート向きなので良馬場開催は若干不安ではある。とはいえ前走東京盃では地方の良馬場というタフな馬場、さらにプラス18キロと太目残りのなかで(落鉄もあったようです)0.4秒差の4着と健闘。一叩きされた上積みがあれば、良馬場も問題ないと思う。単騎逃げがベストなので絡まれた場合が心配ですが、自ら超ハイペースを作る馬なので、絡んで行くのも難しそうではある。

 

○レッツゴードンキ

ダートはこれで3戦目。過去の2戦はともにマイル戦でしたが、ホワイトフーガを相手に0.2秒差の2着。さらに今年のフェブラリーSで5着とまあまあいい成績を残している。現状マイルより1200の方が向いていると思うので、1200戦がプラスに働けばチャンスはあるはず。

 

▲キングズガード

前走室町Sは休み明けにトップハンデ、さらに初の1200戦ということを考慮すればまずまずな内容。ここに向けて1200の流れを経験できたのはよかったと思う。高速すぎたプロキオンSとG1レース以外は安定しているし、器用に動けるので内枠もプラス。うまくさばければ面白い。

 

△キタサンミカヅキ

前哨戦を勝っていることもあり、やはり能力は上位。「関西圏への輸送」「地方の森騎手なので内に入ったらなかなか開けてもらえない可能性がある」というのがちょっと不安。

 

△ウインムート

揉まれ弱い馬なのでポジショニングが重要。マテラスカイの外目で揉まれずに競馬ができればおもしろそう。

 

△モーニン

こちらも揉まれ弱い馬なので、外枠引けたのはよかった。差し届く流れになれば。

 

△ニシケンモノノフ

昨年の勝ちっぷりはよかったし内枠を活かした競馬もできる。今年に入ってからは不振が続いていますが、斤量重くて先手を獲れなかったもの大きかったと思う。休み明けは不安ですが、人気もないので押さえておきたい。