2018JBCレディスクラシックの予想です。本命クイーンマンボ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

JBCレディスクラシックの予想です。

他のJBCのレースもですが、やはり京都ダートは前有利の傾向が強い。ここでもある程度ポジションを獲れる馬を中心視しつつ、前残りも想定して予想を組み立てたい。

 

◎クイーンマンボ

平安Sはかなり強かっただけに、その後の2戦は非常に物足りないものがある。とはいえ斤量も重かったし、コメントによると短期でも放牧されると気持ちがリセットされるようで、在厩で調整できた今回は臨戦過程としてはベストかなと。課題がメンタル面になるので、凡走の可能性も否定できないですが、能力が発揮できれば最上位の馬だと思う。この馬にしては人気も落ち着いているのでここは本命に推したい。

 

○アンジュデジール

左回りで好成績を残しているだけに右回りに不安もありますが、エルムS程度走れればここでも上位だと思う。枠が微妙なところですが、向こう正面が長いコースなので、リカバーできるポイントも少なくない。実績のわりに人気も落ち着いているので、馬券的にもおもしろそう。

 

▲フォンターナリーリ

牡馬相手の1600万下で強い勝ちっぷり。このクラスなら十分通用します。外差ししたい馬なので内枠はマイナス材料ですが、Cデムーロは外の意識が強い騎手なので、うまくハマれば。

 

△アイアンテーラー

こちらも1600万下で勝利を収めている。最内枠を活かした競馬ができればチャンスはありそう。逃げたい馬が多いのでハイペースに巻き込まれる可能性もあり、押さえまでにしたい。

 

△ラビットラン

馬群がバラけやすい地方競馬向きなところがあり、このメンバー相手で勝負どころまでにポジションを上げれるかどうか。メンバー的に縦長の展開になる可能性もあり、うまくポジションを獲れれば。斤量も軽くなるので押さえておきたい。

 

△プリンシアコメータ

平安Sの大敗だけが気がかり。能力は通用するはずですが、関西圏への輸送が苦手な可能性もあるので、やはり押さえまでにしたい。