2018武蔵野ステークスの予想です。本命ナムラミラクル

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

今週も更新時間が遅くなってしまい、大変申し訳ないです(;´・ω・)

 

先週開催を簡単に振り返ると、6重賞の本命馬が【4-1-0-1】と好成績!唯一馬券外だったレディスクラシックも対抗のアンジュデジールが勝利してくれたので、まずまずの予想はできたかなと思います。今週もこの調子で頑張りたいです。

 

武蔵野S傾向など

・芝スタートということもあって序盤速くなりがちですが、前が残りやすい。

・外枠の方が芝部分が長いので、外目から先行できそうな馬に注意。

 

◎ナムラミラクル

やはり前目の馬を狙うのがベターかなと。この馬は最序盤のポジショニングがカギになる馬で、基本的には距離延長で楽に先行させたいタイプ。前走グリーンチャンネルCでは2Fの距離短縮もあって序盤のポジショニングに苦労していたんですが、サンライズノヴァを相手に僅差の競馬。かなりのハイペースのなかでよく頑張っていたと思います。

今回はメンバー的にも楽に先行できそうだし、距離延長で行き脚がつくのもプラス。絶好調ルメールを起用していることからも陣営の勝負気配を感じます。

 

○ウェスタールンド

前走シリウスSの末脚はちょっと衝撃的だった。もちろん内突きと展開がハマったのもあるんですが、垂れてきた先行馬と被ってしまって2回も切り返したなかであれだけの末脚を発揮したのは驚いた。JBCクラシックでも活躍したオメガパフューム、サンライズソアを相手にあれだけ走れたわけですから、やはりここでも上位の存在だと思う。

序盤のポジショニングに難がある馬なので、距離短縮が不安ではあるんですが、それを考慮しても狙ってみたい。

 

▲ユラノト

アンタレスSではミツバ、グレイトパールの捲くりもあって厳しいレースでしたが5着と健闘。その後連勝していることもあって、改めて能力の高さを感じます。元々福島民友Cを予定していたようですが(それでルメールを確保できなかったのかな)急遽こちらに参戦。それだけ状態がいいのかなと予想する。芝スタートだと序盤のポジショニングに苦労するので、それだけが気がかり。うまく先行できればチャンスは大きいと思う。

 

★インカンテーション

昨年の勝ち馬。そのころはスロー目で入って楽に先行するのがベストだと思っていたんですが、超ハイペースのフェブラリーSプロキオンSでも結果を残し、この年齢にして再び充実期に入っています。

枠もいいので普通に走れば上位争い必至だと思うんですが、筋肉痛で南部杯を回避したということで状態面での不安は残る。社台系の馬ではないので、休み明けも気になるところ。鞍上の三浦皇成騎手も今年はなかなか勝ちきれないので、頭まであるかというと微妙かなという感じ。

 

△サンライズノヴァ

能力は非常に高い馬で、このメンバーならトップクラスだとは思うんですが、枠がなぁ。どうしても「うまく外に出せるか?」というのが出てきてしまうので、それだけが心配。序盤ばらけて3角4角で緩めば面白いかも。

 

△クルーガー

2歳戦以来久しぶりのダート。芝でもレベルの高いレースをしているだけに、ダートさえこなせればチャンスはありそう。

 

以上6頭。前目の穴馬も狙いたかったんですが、買いたい馬が見つからなかったです。