2018マイルチャンピオンシップの予想です。本命モズアスコット

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

土曜日の東スポ杯は▲★◎が4着以内に入ってくれたんですが、勝ち馬のニシノデイジーをフォローできず…。ハービンジャー産駒は器用な脚があって内枠得意な馬が多いので、そういうところに着目できれば獲れた馬券だったかなぁと反省。本命のヴェロックスは直線でナイママにぶつけられて厳しい競馬でしたが、よく頑張ってくれました。今後の活躍も期待したいです。

 

マイルCS傾向など

京都外回り1600M戦。最初の直線が700Mもあるのでポジションを獲るのは比較的楽なコース。3角に下り坂があり4角でバラけやすく、ここでのポジショニングが重要になる。

展開予想はかなり難しい。序盤の先行争いが少ないことや終盤の下り坂を考えると、スローロンスパ戦になりやすいコース形態だと思うんですが、過去のレースを見るとハイもスローもあり得るので予想が立てにくい。

さらに今年はアエロリット@ムーアにロジクライ@Cデムーロと外国人ジョッキーがレースメイクしそうなので、より一層予想が難しくなっている。

 

本来淡々としたペースで脚を使いたいアエロリットですが、前走毎日王冠はスローまで落として勝利を収めています。ムーアはぎりぎりまで仕掛けを我慢したい印象があり、毎日王冠同様に(この時はモレイラでしたが)スローまで落とす可能性も少なくない。

ですが、昨年のマイルCS@エアスピネルや今年のフェブラリーS@ゴールドドリームでは早めに仕掛けるシーンもあり、人気馬に乗ってるときは仕掛けを早めているのかも?コース形態的にも3角の下り坂で我慢すると、後続との差がグッと縮まってしまうわけで、ここから徐々にスパートするのが理にかなっていると思う。ということでスロー気味のロンスパ戦というイメージで予想を組み立てたい。

 

◎モズアスコット

マイラーズCのレースぶりが非常によくて、ミドルペースのロンスパ戦で前には厳しいレースでしたが、2番手からの競馬でサングレーザーを相手に0.2秒差の2着と好内容。逃げたロジクライが1秒差の7着に敗れていることからも、モズアスコットのパフォーマンスの高さが伝わると思う。

一方で初のG1制覇となった安田記念はコーナーを内々で進められたこともあって、かなりハマった感が強い。とはいえ春先はローテーションも厳しかったので、それを考慮すれば悪くない内容だった。休み明けを一叩きできた今回は状態面での上積みもありそう。安田記念以上のレースぶりを期待したい。

 

枠順もほぼ理想的で、内に先行馬のロジクライがいるからポジションを獲るのも楽になるし、勝負どころでアエロリットとペルシアンナイトの仕掛けを見ながら動けるのもプラス材料。3角4角で外々回るようなレースにならなければ信頼度は高いと思う。

ちょっと気になるのは前走スワンSが休み明けと重い斤量を考慮してもいまいちなレースぶりだったこと。ロードクエストはともかくとして、グァンチャーレやベステンダンクとも僅差の内容だったのは物足りない。もしかしたら高速馬場専用の可能性もあるかもなぁってのが心配。

 

○ペルシアンナイト

富士Sも安田記念も直線でスムーズさを欠いてしまい不完全燃焼なレースが続いています。

昨年のマイルCSは大外枠から内に入る過程もスムーズだったし、エアスピネルの真後ろに入れたことで直線での進路取りも楽でした。かなりハマった感が強いレースでしたが、3歳馬の斤量が重めなレースということを考えれば、やはり強いレースぶりではあった。

器用な脚があるので内枠を苦にしない馬だし、外伸び傾向が出てきた京都開催で馬場の読めるミルコというのもプラス。正直モズアスコットとどっちを本命にするかかなり迷った。馬場も問題ないし安定度と言ったらこちらだと思うけど、まだ底を見せていないモズアスコットにも魅力を感じるってくらいの差。

 

▲アエロリット

上位人気3頭で恐縮ですがやはりアエロリットも侮れない。毎日王冠でスローのレースにも対応できたのは驚いた。充実期に入っている印象があり、こちらも春先からパフォーマンスを上げてくる可能性もある。

「関西への輸送」「右回り」「牡馬トップクラス相手だと高速馬場の方がよさそう」といったところが不安材料。秋華賞と中山記念の敗戦が休み明けによるものならば信頼度は高そうではある。

 

★ロジクライ

東京の高速馬場にも対応できるようになり、やはりこちらも充実期に入っている印象がある。マイラーズCの敗戦が気になるところですが、この馬にとってはペースが少し速すぎたのが原因かなと。スロー気味になればハマる可能性も少なくない。

 

△ステルヴィオ

エンジンの掛かりが遅い馬なので、テン乗りの騎手と最内枠は大きな不安材料。最初の直線が長いコースなので、外目のポジションを獲れる可能性もありますが、スローになってゴチャつくとそれも難しそうではある。

 

△ジャンダルム

富士Sの敗因を「高速馬場適性」「休み明け」と考えればここでも侮れない。器用な馬なので京都外回り得意な武豊騎手となるとちょっと怖い1頭。

 

△アルアイン

中距離でもキレ負けする馬なので、スロー予想のマイル戦となるとスピードが足りないと思う。ロンスパ戦でハマればチャンスはありそう。秋G1逃げて結果を出している川田騎手なので、もしかしたらそういう競馬になる可能性もあるかも。

 

以上7頭。エアスピネルは消しにしました。強い4歳世代の上位馬が集まっていることと、気性的にスロー予想の外枠が不安です。

ちなみにですが[最強]競馬ブログランキングさんの予想大会で勝負レースに指定しました。ジャパンカップ、有馬記念も難しいレースになりそうだし2歳戦を指定するのもリスクが大きいので。現在1位なので後半戦もいい結果が出せるように頑張りたいです。