2018京都2歳ステークスの予想です。本命ブレイキングドーン

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181124034608j:plain

 

出走頭数も少なく例年スローになりやすいレースです。ある程度前にポジションを獲れる馬と、スローの瞬発力勝負に強い馬を重視したい。今年の京都開催は馬場があまりよくないので、そういうところにも注意。

 

◎ブレイキングドーン

新馬戦は宝塚記念当日のレースで、素質馬が集まりやすい状況でしたが、2着に0.5秒差をつける完勝。もちろんドスローを先行して展開が向いたところも大きかったんですが、上がりも最速で加速力、トップスピード共に高水準のレースぶりを見せてくれたと思う。2着のアドマイヤジャスタがその後2連勝を飾っていることからもレースレベルも低くはなかったはず。

スタートも上手で前目のポジションを獲れる。スローになりやすいレース傾向を考えると、ここから入りたい。

 

○ワールドプレミア

新馬戦はまだまだ子供っぽいレースぶりで、直線もふらふらしてるし先頭に立ったら気を抜いたところもありました。それでもレースラップが11.2のところで差を詰めているので、やはり素質のある馬だと思う。3角4角でほんのちょっとだけ遅れてたのは気になるところで、もしかしたコーナーが苦手なのかも?となると外回りコースから内回りに変わるのは不安もある。上積みも期待して2番手評価。

 

▲クラージュゲリエ

札幌2歳Sは勝負どころで少しゴチャついたのが痛かった。それでもニシノデイジーと僅差の競馬をしているわけで、やはり能力は高い馬です。

新馬戦ではスローの瞬発力戦で見事な末脚を披露。能力的にはスロー向きで、後半速いラップを問われた方がよさそう。なんですが、気性面の難しい馬なのでスローすぎると掛かる危険性もある。ちょっと間隔が空いてるので尚更心配。不器用そうなレースが続いているので、京都内回りでどうかな?というのも不安材料。

 

△ミッキーブラック

京都内周りとリンクしやすい中山2000を勝ってるのは好材料。加速力の高い馬ではなさそうなので、スローすぎると勝負どころで置かれるかもしれない。ブレイキングドーンがスローロンスパ戦を作った場合、うまくハマる可能性もあるかなぁという感じで。

 

△スズカカナロア

新馬戦はまずまず内容よかったと思うんですが、それ以降いまいちな成績。

ロードカナロア×ハーツクライの血統に、母系は名牝スカーレット一族。2000Mで一変があってもおかしくないと思う。前走デイリー杯は特に見どころのないレースでしたが、休み明けで+16キロの馬体増だったのも影響あったんじゃないかと。先行志向の強い松山騎手、このレース相性のいいハーツの血統、そういうところがハマれば。

 

△ペルソナデザイン

ゲートもいまいちだし直線もふらふら走っている。まだまだ子供っぽい馬ですが、今回馬具を工夫するということでプラスに出れば面白い。レース相性のいいハーツ産駒ということにも期待して一応押さえておきたい。

 

頭数の割に点数多くなってしまい当たってもガミっちゃいそうですが、上位人気馬が信用しきれなかったので、荒れたらいいなぁという感じで。