2018チャンピオンズカップの予想です。本命ケイティブレイブ

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

土曜開催はステイヤーズSが△▲○(◎アルバートが出走取消)チャレンジカップが◎△★とまずまずの結果でした。チャンピオンズカップもこの調子で頑張りたいです。

 

チャンピオンズカップ傾向など

 

www.umaburogu.com

 

週中の記事でも触れましたが基本的には前の馬を中心視。絶対に逃げたいという馬もいないので、わりとペースは落ち着くのではないかと予想します。ミツバが捲くってくる可能性もありそうですが、若手の松山騎手がG1でレース壊すような騎乗はできないんじゃないかなぁ。スローからミドル気味の展開で内目前目を重視したい。

 

◎ケイティブレイブ

能力の高さは言うまでもないですが、それにも増して操縦性の高さが魅力。スタートさえ決まればどんな展開にも対応でき、好走パターンが非常に広いです。自分から主導権を握れる脚質ということもあって大崩れすることは考えにくい。ブログでも何度か言ってますが、砂を被るのを嫌がっても最後まで頑張ってくれるメンタルがあり、そういうところも魅力的な馬です。

できればサンライズソアの外の方がレースメイクしやすかっただろうなぁとは思うものの、まぁまぁ悪くない枠にも入れました。前目有利なコース形態もあるので素直に本命に推したい。

 

○サンライズソア

JBCクラシックも前崩れの展開をよく頑張っています。平安Sではスローロンスパ戦での勝利だったので、展開次第ではもう少しパフォーマンスを上げれると思う。ケイティブレイブ同様に対応できる展開の幅も広いので、やはり大崩れしにくい馬です。

 

▲パヴェル

アメリカでこれだけ走れてたら立派だと思うし、ドバイワールドカップでも健闘しています。シンプルにアウォーディー以上と考えるならば、ここでも十分通用するはず。先行できる脚質なのも魅力的で、内枠活かしてスムーズにポジション獲れればおもしろそう。鞍上のグティエレス騎手が日本初騎乗なのでそれが気がかり。

 

★ルヴァンスレーヴ

ジャパンダートダービーでは大外ブン回してオメガパフュームを相手に完勝。南部杯ではゴールドドリームにマークされる形になるも寄せ付けずに完勝。課題のスタートも幾分かマシになってきていて成長も見られます。

能力的には最上位の馬ですが、ロンスパ戦想定で外から捲くって行くのはロスが大きく、それでも勝ちきれるかというと微妙なところ。

いままでのレースぶりを見るとなかなか買いにくい馬ではあるんですが、成長著しい3歳馬なので、先週のアーモンドアイ同様に好位から突き抜ける可能性も否定できない。そういったところも考慮して4番手評価にします。

 

△アンジュデジール

平安Sのクイーンマンボがなかなか強い競馬をしていたので、このクラスの馬なら牡馬相手でも十分通用するはず。内でも競馬ができる馬だし、左回り巧者なのでレディスクラシックよりも幾分かパフォーマンスも上がるかもしれない。

 

△インカンテーション

フェブラリーSではハイペースを好位追走で3着と強い競馬ではあった。超高速ダートのプロキオンSにも対応してきて、8歳馬とは思えないくらい充実しています。前走武蔵野Sも一頓挫明けのレースのわりに内容は悪くない。ハイラップになったコーナーのところで大外ブン回す厳しい競馬でしたが、0.9秒差の6着ならまずまず評価できる内容でした。今年の三浦皇成騎手は重賞の穴馬で3着に入ることが多々あるので、そういうところにも期待して。

 

△オメガパフューム

基本的に差し馬には厳しいレースになると予想していますが、比較的ポジション獲れる馬なので3列目の外目辺りに入れたらなぁという感じで。

 

元々追い込み効きにくいコース形態なのと、ロンスパ戦で外を回すロスを考えると追い込み馬は買いにくい。内突きハマったとしても、前のケイティブレイブ、サンライズソアが強力なので、ここを捌く必要が出てくるのが難点。ということで思い切ってノンコノユメ、サンライズノヴァ、ウェスタールンドは切りました。内目前目で競馬ができればアポロケンタッキーも侮れないところですが、やはり近走の不振を見ると微妙かなぁという感じで。