2018中日新聞杯の予想です。本命ドレッドノータス

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

中日新聞杯の予想です。

このコースは「前半に短い上り坂」「後半に長い下り坂」があるのでスローに落ちやすく、2秒から3秒ほどのドスローまで落ちるケースも少なくない。なので基本的には前目の馬を中心視したい。ディープ産駒を中心に瞬発力勝負に強い馬の活躍も目立ちます。

キレるタイプではないストロングタイタン、ギベオンはスローの瞬発力勝負にはしたくないはずなので、この2頭の仕掛けどころが勝負のカギになりそう。ですが、中京2000で4Fロンスパ戦を作るなら、3角からペースを上げる必要があります。下り坂の3角地点でペースを上げると外に振られやすくなるし、長いコーナーで脚を使う必要になるのでここから動くのも難しいはず。

ということでスローの瞬発力勝負になると推測し、予想を組み立てたい。

 

◎ドレッドノータス

ようやく去勢の効果が出てきたようで、安定感が増してきました。前目から競馬ができるし加速力も高いので、このレースの傾向と合致しています。近走はシャルドネゴールド、サーブルオールと言った重賞好走馬を相手にしっかり勝ちきっているので、ここでも十分通用するはず。マイスタイルが無理に絡んで来たりしなければ信頼度は高いと思う。

中谷騎手が重賞未勝利なので少し心配ではありますが、調教を手伝っている間柄ということもあって、矢作厩舎の馬ではまぁまぁ成績のいい騎手です。オッズも落ち着いてるのでここから狙いたい。

 

○ギベオン

スローすぎるとキレ負けしそうではありますが、まだ底を見せていない馬だし、ディープ産駒なので瞬発力勝負でも対応できるかもしれない。枠の並びがよくて内目もいいポジションを獲れそうなのが魅力。前走セントライト記念の大敗が気になるところですが、スパートが早かったことと距離が長かったことが敗因と推測する。賢くて操縦性も高い馬なのでポジションを獲れれば大崩れはしにくいはず。

 

▲ハクサンルドルフ

マイルはちょっと短かったかなぁということで2000M戦で改めて期待したい。新潟大賞典は不利と展開合わなかったわりに健闘しているし、エプソムカップでも結果を残しました。どうしても外を回す必要があるので展開次第な馬ですが、うまく立ち回れればチャンスはあるはず。藤岡康太騎手は追い込み上手いので、鞍上の手腕にも期待。担当の厩務員さんが12月で定年のようなので、ここ目標にしっかり仕上げているのではないでしょうか。

(参考:阪神JF週 | 採れたて!トレセン情報 | うまスクエア

 

★マイスタイル

加速力もまぁまぁ高いのでスローでもしっかり脚を使えます。ドレッドノータスの外になってしまったので、中途半端なポジションから差し損ね&キレ負けというのが不安要素。

 

△エテルナミノル

函館記念程度走れればここでも通用する。スタートの不安が非常に大きい馬なので、内目の偶数枠に入れたのはよかった。スタートさえ決まれば。

 

△メートルダール

昨年の勝ち馬。スロー向きで後半速いラップを問われるレースに強いです。ある程度ポジションを獲ってくれれば信頼できる馬ですが、後ろからの競馬で外々回す展開だと微妙なところ。金鯱賞で大外ブン回すレースになってしまったので、それが不安で評価を下げました。

 

△レイホーロマンス

斤量も軽いので一応押さえておきたい。内目から愛知杯みたいな競馬ができれば。