先週開催の予想成績と感想・振り返り【2018阪神JF週】

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181127230707j:plain

先週開催の予想成績と振り返りです。

 

予想成績

中日新聞杯…○無無

カペラS…無無▲

阪神JF…◎△▲

 

阪神JFこそ本命ダノンファンタジーが勝利を収めてくれましたが、全体的に不甲斐ない予想でした。難しいレースだったカペラSはともかく、中日新聞杯はもうひと練りできれば的中できたレースだったと思います。次は結果を残せるように頑張ります(´・ω・`)

 

中日新聞杯振り返り

前後半1.9秒差のハイペース。「前半に上り坂」「後半に下り坂」があるコースなので数字以上に前には厳しいレースになりました。カツハル騎手のレースメイクも悪かったとは思うんですが、2番手に主張する馬が多かったのが大きな誤算だった。前走差し競馬で上昇気配のあったアメリカズカップが先行するとはなぁ。スズカディープは同馬主同厩舎のレイホーロマンスのアシストに動いた印象。3場開催のローカル重賞は乱ペースになりやすいので、予想段階でしっかりペースを考えないとイカンですね。

 

1着ギベオン

ハイペース適性の高い馬で、展開とポジショニングが大きくハマった感じ。

3着以下を大きく離しているのは評価できますが、ショウナンバッハ相手に僅差の内容というのは微妙なところ。

操縦性の高い馬なので適距離のレースなら大崩れしないタイプ。

 

2着ショウナンバッハ

シンプルに左回りの長い直線が得意なのかなぁ。昨年よりも下降気味に見え、なかなか手が出なかったです。

 

3着ストロングタイタン

心房細動明けでプラス36キロでの出走。ハイペース適性が高い馬なので展開も向きました。

 

5着メートルダール

本来スロー向きの馬ですが5着と健闘。「展開向かなくても5着に入れるくらいのレースレベル」という印象を受ける。

 

13着グレイル

内突いてドン詰まり。まったく走ってないので次走以降も注意。

 

やはり前の馬には厳しいレースだったので、マイスタイル、エテルナミノル、アメリカズカップ、ドレッドノータスは次走以降も注意しておきたい。

 

カペラS振り返り

例年通り超ハイペースのレース。行ききったサイタスリーレッドはともかく2番手集団で先行した馬には厳しい流れでした。

 

1着コパノキッキング

クラスが上がるにつれてポジションを獲れなくなっていたうえに、今回は内枠での競馬。包まれるリスクも少なくなかったんですが、超ハイペースで馬群がバラけたので、楽に競馬ができました。

とはいえ大外ブン回してこれだけ走れれば立派。馬群のばらけやすい地方交流重賞なら信頼度は高いと思う。

 

2着サイタスリーレッド

単騎で楽に逃げられれば強いですね…。テンが遅いネロが内目の枠、外のブラゾンドゥリスは1200ではスピード足りず、ブラゾンドゥリスが壁になってウインムートもポジションを獲ることができず。冷静に順序立てて予想すれば引っ掛けられないこともなかったなぁ。

人気しないタイプの馬なのでしばらく注意しておきたい。

 

11着ウインムート

スタートで躓いたうえに両隣に挟まれて苦しい競馬になる。力負けではないので次走以降も注意しておきたい。夏馬っぽいところがあるので暖かくなってからの方がいいのかも。

 

阪神JF振り返り

ミドルペースのレース。外を回した素質馬が順当に結果を残したレースになりました。中盤で少し緩んだのも外から追い込んだ2頭には楽だったと思う。

 

1着ダノンファンタジー

能力の高さ、操縦性の高さが1枚上でした。今後も崩れる可能性は低く、マイルカップまでなら信頼度は高いと思う。

 

2着クロノジェネシス

この馬自身はスローのポジションから末脚を発揮する。基本的にはスローの瞬発力勝負向きの馬だと思うので、もう少しペースが上がったときにどうなるか?というのが今後の課題。

 

3着ビーチサンバ

上位2頭を相手に少しキレ負けしてしまう。もう少しペースが上がって欲しかった。

 

4着シェーングランツ

外のサヴォワールエメが嫌なポジションを獲ってしまい、なかなか外に出せなかった。枠順とポジショニングがハマらなかったなかで健闘しているし、G1でも十分チャンスはある。

 

5着プールヴィル

直線の不利がもったいなかった。しばらく人気ないと思うので今後も注意しておきたい。