2018ターコイズステークスの予想です。本命プリモシーン

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

ターコイズSの予想です。

コース傾向など

中山1600M戦。

2角のポケット地点からのスタートで、序盤に下り坂が続くコース。

4角が緩いので差し追い込み馬も末脚を発揮しやすい。

 

重賞クラスでは差し追い込み馬と内を走った馬の活躍が目立ち、昨年は内を走ったミスパンテールとフロンテアクイーンが1着2着で追い込みのデンコウアンジュが3着。その前は追い込みのマジックタイム、レッツゴードンキが1着2着で内を走ったカフェブリリアントが3着。

同じコースのフェアリーS、ダービー卿CT、ニュージーランドトロフィー、京成杯AHもそういうレースになることが多いので、そういうイメージで。

 

◎プリモシーン

NHKマイル組のギベオン、カツジが重賞でも好走しパクスアメリカーナはOPで圧勝。路線こそ違ったもののステルヴィオもマイルCSを制覇していて、この世代のマイル戦線はなかなかレベルが高い。斤量差はあったものの関屋記念2着のワントゥワンも牡馬相手に好走を続けており、やはりレベルの高い相手だったと思う。

春先と比べてトモのバランスがよくなり、課題だった出遅れもだいぶマシになってます。

追い込みが効きやすいコースということもあり、シンプルにこの馬から入りたい。

 

○フローレスマジック

2歳3歳時はリスグラシュー、アエロリット、モズカッチャンといった現役屈指の牝馬と僅差の競馬をしていた素質馬です。出が安定しない馬なので内枠で包まれてしまうリスクもありますが、1つ内に先行したいハーレムラインがいるので、スペースは作れそう。スタート後すぐにコーナーがあるコースなので多少の出遅れならリカバーできるはず。

内目内目で競馬することが好走パターンの1つになるレースなので、そういう競馬ができればチャンスは大きいと思う。ルメールの手綱さばきにも期待して。

 

▲フロンテアクイーン

紛れの少ない東京コースでディアドラ、リスグラシューら強敵を相手に好走できたことを評価。昨年より力をつけていると思います。器用な馬なので本来内枠向きですが、府中牝馬Sくらい走れればチャンスはありそう。

エリザベス女王杯では敗戦してしまいましたが、勝負どころで進路を確保できなかったことと、直線で前が壁になったのが敗因で、決して力負けではないです。

 

★リバティハイツ

内で競馬ができる馬なのでポジショニングがハマりそう。ちょっと距離が長かったクイーンSと休み明けのポートアイランドSでの敗戦で人気を大きく落としており、今回狙い頃だと思う。

 

△ミスパンテール

内も突ける馬なので、春先くらい状態が戻ってればチャンスはある。とはいえ斤量も重いので、押さえまでが妥当かなと。

 

△リナーテ

内突き警戒。中山得意なステイゴールド産駒というのも怖い。

 

△デンコウアンジュ

テン乗りのヨシトミ先生でどうかなぁとは思うものの、直線にかける競馬をしてくると怖い。前走キャピタルSは前が止まらない流れで仕方ない競馬だったし、富士Sはフケの影響があったらしい。春先はいい競馬をしていたので、状態が戻っていれば侮れない。