2018朝日杯フューチュリティステークスの予想です。本命アドマイヤマーズ

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

 

土曜のターコイズSは△★△で決着。◎プリモシーンも○フローレスマジックも不安要素が少なくはなかったので、思い切って穴狙いしたらよかったなぁ(´・ω・`)

穴馬をフォローできていただけに悔しいレースになりました。

 

朝日杯FSコース傾向など

最初と最後の直線が長く、力を発揮しやすいコース。

最後の直線が長いうえにペースが落ち着きやすい2歳戦ということで、近年はスローの傾向がやや強いレースです。ですが今年は1400で逃げている馬が何頭か出走しているので、スローまで落ちる可能性は少なそうではある。ややハイからミドル程度を想定し、紛れの少ないレースというイメージで予想したい。

 

◎アドマイヤマーズ

スローの瞬発力勝負になった新馬戦とデイリー杯2歳Sよりも、ミドルペースの中京2歳Sの方が強い競馬だったと思う。瞬発力勝負でも高いレベルで力を発揮できる馬ですが、本来はペースが流れた方が良さが出るのではないか?と予想し本命にします。ダイワメジャー産駒はキレ負けする馬も多いので、この馬も瞬発力勝負じゃない方がいいかも。もちろんスローでも高いレベルで安定しているし、枠順もいい。グランアレグリアは強敵ですが、軸としての安定度も考慮し、こちらを上位にする。

 

○グランアレグリア

新馬戦ではダノンファンタジーを相手に完勝しているわけで、能力の高さについては疑う余地はないです。

・関西への輸送がどうか

・超高速馬場の東京で結果を残しているが、さほど時計が速くない現在の阪神でどうか

・スタートがやや不安定なので内枠で包まれる心配がある

といったところが不安要素。

能力は抜けているので、馬券圏を外す可能性は低いとは思うものの、立ち回りの差でアドマイヤマーズを差しきれないかもなぁというイメージで対抗にします。ちょっと人気しすぎなのも回収率で考えると嫌なところ。

 

▲マイネルサーパス

前走きんもくせい特別は、大外ブン回すロスの大きい競馬ながら見事差しきって1着。直線で先頭に立つとダメな馬で、未勝利戦では横にステップを刻んで危険な斜行をするくらい。きんもくせい特別でも直線追い出しを我慢しながらの競馬だったので、まだまだ能力を発揮しきっていないレースでした。

2着のダノンチェイサーは次走500万下でしっかり勝利しており、レースレベルも低くはなく、能力を発揮しきれば重賞クラスの能力はあると思います。丹内騎手はなかなか内突き上手いので、ハマればおもしろいです。

 

★クリノガウディー

新馬戦は包まれてしまい仕掛けが遅れましたが、差しきって勝利。東スポ杯2歳Sはゴータイミングが早めに動いたことで前には厳しいレースになりましたが、ギリギリまで踏ん張っての7着と悪くない内容でした。まだ底を見せていない馬なので、内々でロスなく競馬ができればおもしろそう。人気もないので狙ってみたい。

 

△ケイデンスコール

新馬戦ではアドマイヤマーズと僅差の競馬。いかにもスローの瞬発力勝負に強い馬なので、ペースが流れたときに不安も残りますが、新潟2歳Sからの上積みがあれば。

 

△ファンタジスト

ハイペースになりやすい小倉2歳S。このレースを先行して勝利した馬はなかなかレベルが高い傾向があります。能力を発揮しきれればここでも上位だと思うんですが、枠がちょっと外すぎですね。アドマイヤマーズが好枠に入って、内に不気味な穴馬もいる。ということでちょっと評価を下げました。

 

△エメラルファイト

こっちも枠がなぁとは思うものの、人気もないので押さえておきたい。札幌2歳Sは上位陣が重賞でも活躍するレベルの高いレースだったし、前走アイビーSは瞬発力勝負になったのが向かなかった印象。うまくポジションを獲れれば侮れない。