2018有馬記念の予想です。本命モズカッチャン

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

2018有馬記念の予想です。週中にも書きましたが

 

www.umaburogu.com

やはり基本的には内目前目を重視したい。

展開のカギを握るのはキセキ。近走序盤スローの超ロンスパ戦に新境地を開き、結果を残しています。今回もそういうレースに持ち込みたいところですが、外目の枠に入ってしまったのは不安が大きい。

もともと大箱コースの高速馬場向きな馬なので、スタート後すぐにコーナーがある中山2500で、しっかりポジションを獲ってレースメイクできるかとなると疑問も残る。コーナーを6つも回るコース形態も合ってなさそう。

キセキが逃げれない可能性も想定しつつ、例年通りスロー気味のロンスパ戦というイメージで予想します。

 

◎モズカッチャン

瞬間のキレで勝負するタイプで、道中ある程度前目のポジションを獲れることがベスト条件。それゆえに距離延長、スロー、内枠で強い馬です。今回は条件も揃ってるし馬群を捌けるミルコというのも魅力。

年明けの京都記念では外伸び馬場のなか、(内を突いて)レイデオロと差のない競馬をしているし、「距離短縮」「外枠」「ハイペース」と苦手な条件が揃った札幌記念でもサングレーザー相手に僅差の競馬。牡馬のトップクラス相手でも、遜色のない能力があるはず。

前走エリザベス女王杯はいかにも休み明けといったレースぶりで、勝負どころでの反応がいまいち悪かったです。1つ叩いての上昇も見込めるので、素直にここから入りたい。

 

○ブラストワンピース

進路を確保できなかった日本ダービー、ペースが上がったところで外を回すことになった菊花賞、ともに「負けてなお強し」なレースはではあった。やはり潜在能力はなかなかのモノがある。そこそこ良い枠には入れたので、レイデオロの前辺りでうまくポジションを獲れたらチャンスはあるはず。不完全燃焼なレースが続いているだけに、しっかりポジションを獲ってくれるんじゃないか?と予想し対抗にします。

 

▲レイデオロ

能力の高さは言うまでもないですが、高速馬場向きの可能性も否定できないので、現在の中山の馬場でどうか?というのは気になるところ。

枠順も嫌なところで、外からキセキ、シュヴァルグランが主張してくるだろうから、ポジションが下がってしまう危険性もある。スローロンスパ戦を後方から大外回してってなるとさすがに厳しい。ただ、今年のルメールはポジショニングの意識が高いので、上手くポジションを獲れれば怖いなぁという感じで。

 

★オジュウチョウサン

前走南武特別は余力のある走りで勝利。休み明けということもあったし「シンプルにいい競馬をしたなぁ」と思った。東京より中山の方が合ってると思うし、有馬記念はともかくとして日経賞くらいなら十分通用するはず。

大目標のレースなので状態面での上積みも見込めるし枠もいい。1着は微妙なところですが、2着3着なら十分可能性あると思う。

想像以上に人気しちゃってるので、4番手評価に留めました。

 

△クリンチャー

渋った馬場ならトップクラスの馬。内目前目を重視するなら買っておきたい。テンが遅い馬なので、序盤のポジショニングが難しい。とはいえ凱旋門賞では普通に先行できたので、成長ぶんがあるかもしれない。海外からの帰国後初レースなので、そういうところにも不安があり、押さえまでにする。

 

△パフォーマプロミス

2400以上なら崩れていないし今が充実期。まだ底を見せていない馬だしレース相性のいいステイゴールド産駒。枠もいいので押さえておく。

 

△サトノダイヤモンド

一応枠もそこそこいい。外目が欲しい馬なのでしっかり先行させられるかが大事。引退レースだと出しきりたいという意識が働くのか、前目にポジション獲るケースも少なくないので、そういうところがハマればなぁと。やや時計が掛かる馬場の方がパフォーマンスがいいので、前走からの一変もありそうではある。

 

外目の馬は思い切って消しにしました。馬券はモズカッチャン軸で馬連と3連複を買うつもり。