2018ホープフルステークスの予想です。本命サートゥルナーリア

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

ホープフルSの予想です。

展開はおそらくキングリスティア、コスモカレンドゥラが逃げることになりそう。エージェントも一緒の戸崎&内田騎手なので、競り合ってペースが上がってしまうという可能性は少ないはず。

内枠に入ってしまったブレイキングドーン。この馬が主張して絡んで行く可能性もあるかもしれない。まぁそれでも極端にハイペースになるケースは少ないと思うので、スローからミドル程度で予想するのがベターかなと。

展開のカギを握りそうなのがアドマイヤジャスタ。この馬はスタートが苦手で後方からの競馬になってしまいます。それゆえに捲くりの競馬になることが多いです。中山2000は向こう正面で捲くりやすいコースになっているので、この馬がどこから仕掛けるのか?が1つのポイントになりそう。

 

◎サートゥルナーリア

前走萩Sは馬なりで完勝。まだまだ余裕のある勝ちっぷりで、上昇度を考えると本命を打たざるを得ないかなと。

萩Sのラスト3Fは12.4-11.4-11.7というラップ推移でしたが、少し時計の掛かっていた京都の馬場で11.4を出したのも評価できるし、加速力の高さもなかなかのモノがあります。

気性面や直線での立ち居振る舞いを見ると、まだまだ荒削りなところもありますが、スケールの大きいレースぶりに期待したい。

 

○ヴァンドギャルド

東スポ杯は僅差の3着。ニシノデイジーとは内外の差が出ただけで、勝ちに等しい内容だったと思う。サートゥルナーリアを軸として考えると、外目やや後方で仕掛けどころを見ながらポジションを獲れるのが理想と考え、対抗にします。

 

▲アドマイヤジャスタ

出遅れからの捲くり競馬という不器用なレースぶりながら、しっかり着差を着けて連勝しているわけで、やはり能力は高い。

先ほど書いた通り中山2000は捲くりやすいコース形態ですし、大外に逃げる可能性の高いコスモカレンドゥラがいるのも面白い。コスモが出して行ってポジションを獲るなら、向こう正面でペースを落とす必要が出てくるので、アドマイヤジャスタにとってはおあつらえ向きの展開になる可能性もある。

展開ハマるのが理想ですがハマりきらなくてもチャンスはあると予想し、3番手評価。

 

△ミッキーブラック

前走は出遅れから出して行って先行したことで、掛かり気味の競馬になりました。若干仕掛けも早かった印象で、いろいろとチグハグなレースになってしまいました。スムーズならもう少し前進できるはず。

キレるタイプではないのでロンスパ戦は向くと思う。サートゥルナーリアとアドマイヤジャスタが早めに動いたときの、差し込み警戒で押さえておきたい。

 

△ジャストアジゴロ

こちらもミッキーブラック同様に、ギリギリまで我慢しての差し込みに注意したい。

前走未勝利戦は着差こそ僅かなものでしたが、先頭に立って気を抜いてしまったのが原因。2着のシャドウディーヴァは次走0.6秒差をつけて未勝利戦を突破しており、レベルも低くはなかったです。

 

△ブレイキングドーン

新馬戦はアドマイヤジャスタを相手に完勝しているし、加速力も操縦性も高いものがあります。

枠がちょっと微妙で、出して行ってポジションを獲りに行ったらサートゥルナーリアにマークされる形になってしまうし、ポジションを獲れなかったら外目の先行馬に蓋をされる危険性もある。

意外なことにヴィクトワールピサ産駒は中山2000を苦手にしていて、直近1年で【0-1-0-24/25】と不振傾向なのも気になるところ。

序盤上手くポジションを獲れれば怖いなぁと思いつつ、押さえまでが妥当かなぁと。

 

以上6頭。サートゥルナーリア軸の三連単を中心に。

人気の一角ニシノデイジーはテンのスピードがいまいちなので、内枠なのがかなり不安です。ハービンジャー産駒は器用な馬が多いので内枠を苦にしないことも多いんですが、一列前にブレイキングドーンがいて内目の枠に先行馬が揃っているのは流石に厳しいと思う。そこそこ人気していることもあるので、思い切って消しにしました。