2018東京大賞典の予想です。本命ゴールドドリーム

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

本日のホープフルSは◎▲で決まるも、ニシノデイジーを消してしまい外してしまいました(´・ω・`)

スプリンターズSからの秋G1は15戦予想して本命馬が7勝と、精度の高い予想が出来ていると思う。ですが、馬券がまったく当たらず…懐具合もお寒い状況になってます。

今年の締めくくりとなる東京大賞典はしっかり的中させて、気持ちよく新年を迎えたいものです。

 

◎ゴールドドリーム

シンプルに1番強いと思う。南部杯ではルヴァンスレーヴをぴったりマークした結果、影をも踏めずに0.2秒差の完敗ではあったんですが、斤量差もあったなかで怪物クラスの馬相手に0.2秒差なら悪くない結果だったかなと。

夏の帝王賞ではG1の連戦が続いていたなかで、ケイティブレイブを相手にしっかり勝ちきっているし、昨年のチャンピオンズカップも前残り決着を追い込んで勝利と見事な競馬でした。

予定していたチャンピオンズカップを「歩様の違和感」で回避したのは気になるところですが、すぐに良くなっていたようなので問題はないでしょう。ルヴァンスレーヴがかなりの強敵だったので、不完全な状態では出走させたくなかったんだと推測します。

G1での連戦が続いているケイティブレイブ、オメガパフュームと違ってフレッシュな状態で出走できるのも魅力。ここは素直に本命に推したい。

 

〇オメガパフューム

前走チャンピオンズカップは外々を回った馬のなかでは最先着。直線では若干進路が取れなくて、抜け出すときにモタついてしまった。少しコーナーが苦手なところがあり直線に入るまでのポジショニングもイマイチ良くなかったと思う。

ポジショニング意識の高いミルコに乗り替わったのはプラスになると思うし、ゴールドドリームをマークしながら上手く流れに乗れれば面白そう。

 

▲ケイティブレイブ

まず前走の敗因について

・逃げ先行馬が多かったことで序盤のポジショニングが悪くなってしまった。

・内決着のレースで大外を回してしまった。

・久しぶりの当日輸送で絞りきれなかった。

・坂もちょっと苦手かも。

といったところ。基本的には崩れにくいタイプの馬ですが、これだけマイナス要素が重なってしまっては流石に厳しかった(それでも負けすぎではありますが)。

普通に走れば馬券圏内の可能性も高いと思いますが、ちょっと気になるのは近走好位からの競馬をしていること。ゴールドドリームをマークするようなポジションになったら、チグハグな競馬になっちゃうかもなぁというのが少し心配。連戦が続いているのも割引必要かなと。

 

△エイコーン

前走は大外ブン回す競馬になるも、余裕のあるレースぶりで勝利。

コーナーでのレース運びも非常にスムーズだったので、馬群のバラけやすい地方交流重賞を内々でロスのない競馬ができれば怖い。岩田騎手というのもなかなか不気味。

 

△サウンドトゥルー

さすがに一級線の馬とは差がありますが、高いレベルで安定しています。上位馬のどれかがコケたら順番が回ってくると思う。

 

基本的には「3強」と予想しますが、連戦続いているオメガパフューム、ケイティブレイブの不発も想定しエイコーン、サウンドトゥルーも押さえておきたい。

今年の予想記事はこれで最後になります。金杯までに今年の本命馬の単勝回収率などをまとめた記事を書こうと思っています(たぶんプラスのはず)。そちらもお付き合いいただけたら。