2019中山金杯の予想です。本命エアアンセム

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

中山金杯の予想です。

 

展開など

タニノフランケルとマウントゴールドはスローロンスパ戦を作りたいはず。

ですが、ハイペース適性の高いストロングタイタン、ステイフーリッシュが外目の枠にいるので、この2頭の出方次第では展開が大きく変わりそう。

ストロングタイタンはテン乗りの大野騎手だし、ステイフーリッシュはポジショニングの幅が広い馬なので、無理にポジションを獲ってハイペースになる可能性も低いかなとは思う。ミドル程度のロンスパ戦を想定し、内目前目を中心に予想したい。

過去10年で7枠8枠がまったくダメなレースなので、そういうところも意識しながら。

 

◎エアアンセム

ずっといい競馬をしているしポジションもよさそう。時計の掛かる馬場にも対応できるし、中山の田辺騎手も信頼できる。

2走前のオールカマーは、高速馬場のスローロンスパ戦というレイデオロの得意条件のなかで0.6秒差の4着と健闘。前走福島記念も斤量が2キロ重かったなかでスティッフェリオ(キーボード打つの難しい…)マイスタイルを相手に僅差の内容。4着以降はしっかり着差をつけているだけに、能力の高いところをアピールできたかなと。

枠順もいいのでシンプルにここから入りたい。

 

○マウントゴールド

スローロンスパ戦がベストですが、ミドル程度なら対応できそうではある。

高速馬場向きっぽいところがあるので、この時期の中山の馬場でどうかなぁとは思うものの、ステイゴールド産駒なのでむしろプラスに働くかもしれない。

枠も良いし金杯2連勝中の武騎手にも期待したい。なんでも武騎手がこの時期の中山に参戦するのは初めてらしく、馬もここ目標にしっかり仕上げてるんじゃないかと予想する。

 

▲コズミックフォース

セントライト記念の敗戦が気になりますが、タニノフランケルの早仕掛けで乱ペースになったのも影響あったと思う。

関東圏では安定しているし、ポジショニングの意識が比較的高めな石橋脩騎手なのも魅力。昨年同時期の京成杯でも2着に入っており、この時期の中山の馬場も問題なさそう。

 

★ウインブライト

昨年の中山金杯、中山記念のレースぶりはよかった。マイル路線に進んだ秋2戦も着順ほどは負けていないです。

やや外目の枠に入ってしまいましたが、ヤングマンパワーが展開次第では逃げるようなコメントもあるので、うまく前目のポジションが獲れるかもしれない。

57キロ以上だとまったく結果が出てないので、そこは少し不安。

 

△アドマイヤリード

時計の掛かる馬場と前半スロー気味の流れが得意。2000Mは若干長そうな印象もありますが、こなせても不思議はない。中山は直線入口で馬群がバラけやすいので、内々をタイトに競馬ができれば。

 

△サンマルティン

都大路Sはエアアンセムを相手に0.3秒差の完勝と強いレースぶりでした。気難しい馬なのでテン乗りでどうかなぁとは思いますが、うまくポジションが獲れれば怖い。

 

△ランガディア

ダイナカール一族の良血馬。6走前のニュージーランドTで大敗していますが、レース後に骨折が判明したようで参考外にできるレースではありました。

まだ底を見せていない馬だし、前走ノベンバーSは進路がなくて追い出しが遅れたなかで、しっかり勝ちきるレースぶり。パイオニアバイオ、マイネルファンロンといった素質馬相手に勝利できたのは大きかったと思う。内目好位のポジションを獲れたら侮れない。

 

外枠のステイフーリッシュ、タイムフライヤーは思い切って無印にしました。どちらも思い切って先行してくると怖いんですが、差し競馬になる可能性も低くないので、オッズを考えると手が出なかったです。