2019日経新春杯の予想です。本命メイショウテッコン

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

日経新春杯の予想です。

京都外回りは前が残りやすいコース形態なので、基本的には前を重視したい。

今年は逃げ先行馬が多いので出方次第では大きくペースも変わりそう。コース形態からハイペースまで上がる可能性は低いと思いますが、ややハイからスローまで想定し、流れ次第で適切なポジションを獲れそうなところを中心視したい。

 

◎メイショウテッコン

菊花賞組の4歳馬と相性のいいレースということで、グローリーヴェイズが人気しています。しかし昨年の菊花賞は考えられないくらいのスローペースで特殊なレースだったので、あえてこちらを本命に推す。

条件戦時代はエタリオウを相手に勝ちきっているし、サラキア、フィエールマンといった強敵も撃破しているわけで、世代トップクラスの実力はあると思う。

斤量も重く、ペースも速かったラジオNIKKEI賞で、フィエールマンに競り勝ったのは見事なレースぶりだったし、一転してスローペースになった神戸新聞杯でもワグネリアン、エタリオウを相手に僅差の競馬ができています。神戸新聞杯は差しが届きやすいレースなので、それを考えると上々の結果でした。

逃げ馬にしては展開の幅も広く、内のガンコ、ウインテンダネスを見ながらレースを運べるのもよさそう。ちょっと気難しそうなところがあるので、そこだけ気になりますが、人気もほどほどなのでここから入りたい。

 

〇アフリカンゴールド

2走前は1000万下での上位馬アロマドゥルセを相手に0.7秒差の完勝。松若騎手が後ろを確認しながらギリギリまで追い出しを我慢していたので、まだまだ余裕のあるレースぶりでした。

ステイゴールド産駒なので現在のタフな京都の馬場も合ってそうだし、斤量も軽い。ゲートで落ち着きがないのが不安要素ですが、内目の偶数枠に入れたのはよかったと思う。

 

▲ロードヴァンドール

前走は出遅れとスタート直後の接触で早々に脱落してしまった。最後の直線でしぶとく脚を使ってくれるので、直線長い京都の外回りは合っています。スローロンスパ戦に持ち込めれば十分チャンスはある。

 

 ★グローリーヴェイズ

スタートがあまりよくないので内枠なのが不安要素。並びも悪くて、ちょっと外目には好位を獲りたい馬がいて、さらに外にはガンコ、ウインテンダネスと先行馬が続き、さらにメイショウテッコン、ロードヴァンドールがいるわけで、連鎖的にポジションを落としてしまう危険性が考えられる。

ただ、不安らしい不安は枠くらいなもので、操縦性も加速力も高くて重賞クラスの実力はあるはず。

 

△シュペルミエール

故障などであまり使えず、6歳ですがフレッシュな馬です。長い休養や輸送も苦にしないので、メンタル面も安定している馬なのかなと思う。

近走のレースぶりを見ると重賞ではちょっと足りないかなぁと思うものの、ステイゴールド産駒なのでタフな馬場での一変も期待して押さえておきます。

 

△ガンコ

この馬は案外使える脚が短くて、長い直線コースだとそういうところに不安も残る。昨年も軽ハンデで展開も向いたわりに伸びきれなかったので。

前に行きそうな馬も多く、条件的には微妙かなぁとも思いますが、藤岡佑介騎手は京都外回り得意なので、そういうところにも期待して押さえておく。

 

以上6頭にしました。このレースは1桁馬番の馬が強いので、相手は内目の馬を中心に。

ムイトオブリガードは思い切って無印にしました。やはり高速馬場で結果を残してきた馬なので、京都のタフな馬場に対応できるかとなると未知なところがあります。好走する可能性も十分ありますが、この人気だと買いたくないかなぁと。

ルックトゥワイスも無印。前走のレースぶりはよかったので怖い馬ではありますが。勝負どころで少しだけモタつくところがあるので、外から加速して行くことになりそう。多頭数を外回して届くのはなかなか難しいと思うし、いろいろとハマらないと馬券圏内は難しいんじゃないかと予想します。