2019京成杯の予想です。本命ダノンラスター

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

土日の重賞はどちらも本命が出遅れて終了(´・ω・`)

メイショウテッコンは菊花賞でも出がいまいちだったので、スタートに課題があるのは確かだったんですが、ここまで出遅れてしまうのは想定外でした。3角からの捲くりの競馬になりましたが、ラップも緩んでいたところなので、タイミング的には間違ってなかったと思う。

さて、改めて京成杯の予想です。3日開催のラストなので気持ちよく的中させたいです。

 

展開など

出走頭数も少ないし前走逃げた馬もいません。スローまで落ちる可能性が高く、ドスローになるケースも十分考えられます。

中山2000は捲くりやすいコース形態なので、ドスローまで落ち着けば有力馬の捲くりも決まるかもしれません。捲くりも警戒しつつ内目前目からの粘り込みに注意しておきたい。

 

◎ダノンラスター

前走東スポ杯は内にヨレてしまって、立て直す不利がありました。直線でもう少しスムーズだったら上位争いしていたはず。

東スポ杯はレースレベルもなかなか高くて、ニシノデイジーとクリノガウディーはG1でも結果を残しているしヴァンドギャルドもホープフルSの内容はよかったです。東スポ杯くらい走れれば、ここでも上位だと思う。

エンジンの掛かりが遅いことと直線でヨレたのが課題ですが、捲くりやすい中山2000で早めに仕掛けてくれれば問題ないかなと。ミルコもそういう競馬が得意なので、鞍上の手腕にも期待して本命にします。土曜◎ミルコで5着日曜△ミルコで1着だったのは内緒。

 

〇ラストドラフト

葉牡丹賞組と迷ったけど、人気もほどほどなのでこちらを対抗にします。

新馬戦はラスト4Fが【12.7-11.5-10.9-11.1】というラップ構成。ジャパンカップデイの超高速馬場だったとはいえ10秒台のラップを出せたのはよかった。ジリ脚っぽいところがあったので、スローロンスパ戦ならパフォーマンスが上がるんじゃないかと予想する。新馬戦はレースレベルも高くて2着馬4着馬も次走強い勝ちっぷりでした。

ある程度能力の裏付けがある馬で、鞍上もルメール。十分チャンスはあると思う。

 

▲ランフォザローゼス

前走葉牡丹賞は直線で進路が狭くなる不利がありました。レースぶり自体は悪くなかったので、スムーズならチャンスは十分ある。マーフィーがあまり結果を出せていないので、捲くる馬が出て変則的な流れになったときに対応できるか?というのがちょっと心配。

 

★カイザースクルーン

ちょっと噛み合ってない競馬が続いていて、2走前の芙蓉Sは外々を回すロスがあったし、前走葉牡丹賞は出負けから出して行って先行したため、かなり掛かってしまった。間隔も少し空いていたので、馬体もちょっと太めだったかなぁという印象。一変の可能性も十分あると思う。

 

△シークレットラン

前走は展開ハマったのとランフォザローゼスの不利が大きかったと思う。とはいえ同コースで結果を残したのはよかったし、馬体重が増え続けているだけにまだ上積みもあるかもしれない。

 

△ヒンドゥタイムズ

新馬戦で馬群を経験できたのはよかった。レースレベルもラップ構成も微妙なところですが、内枠活かした競馬ができればチャンスはあるかも。ノーザンの馬だし、チャンスがなければわざわざ遠征してまで重賞出さないだろうなんて思ったりもする。土曜のフェアリーSではハービンジャー産駒が勝っているので、そういうところにも期待して。

 

△ナイママ

迷うところだけどヒモ荒れ期待して押さえておきます。札幌2歳Sはなかなかレベルが高くて、1着ニシノデイジー3着クラージュゲリエは次走重賞制覇しているし、4着のエメラルファイトも土曜に500万下を勝ち上がっています。東スポ杯は負けすぎですが、前に厳しい流れと高速馬場がダメだったのかなぁとも思う。いまの中山は時計が掛かりだしているので、馬場適性がハマればチャンスはあるかなと。

 

以上7頭。

カテドラルは気性的に距離延長でどうかなぁと思う(今回はメンコをつけるようですが)ので、今回は無印にしました。