2019フェアリーステークスの回顧です。

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

更新が遅れてしまって申し訳ないです。

今週から回顧をしっかりやっていこうと思います。まずはフラワーカップから。

 

ラップなど

12.4-11.8-11.9-12.2-12.4-12.2-11.5-11.6(48.3-47.7)

若干遅めのミドルペース。後ろ過ぎた馬はさすがに届きませんでしたが、展開による有利不利は少なかったと思う。

 

1着フィリアプーラ

好スタートから下げて中団後方からのレース。勝負どころで失速したアマーティ(涙)のところで進路を獲れたのが大きかった。エフティイーリスの蛯名さんが外の意識の強いジョッキーなので、枠の並びもよかったです。

ハマった感は強かったものの、操縦性も高そうで、今後のレースが楽しみ。

 

2着ホウオウカトリーヌ

初の1600戦と400Mの距離延長を難なく克服。馬込みも問題ないし操縦性も高いですね。いかにも中山巧者なレースぶりだったので、紛れの少ない東京や阪神外回りでの立ち回りに課題も残ります。

 

3着グレイスアン

外枠だったこともあって出して行ってポジションを獲りに行く。それが原因で少し行きたがるところもありましたが、すぐに落ち着きを取り戻して外目の先行集団から粘り込む。レースセンスの高い走りっぷりでした。もう少し内目の枠が理想的。

 

4着エフティイーリス

長くいい脚を使うタイプなので、直線短い中山だと道中のポジショニングが重要になるわけですが、スタートもいまいちだし内枠で前に殺到してしまうしで、いろいろと噛み合わなかったです。それでも4着に入れたのは能力は証明できたかなと思う。

 

5着アクアミラビリス

出遅れから出して行ったことで掛かりながらの競馬。コーナーでもスムーズさを欠いていて課題の多いレースになってしまった。まぁそれでも5着に残ったのは立派だし、直線長いコースで改めて注目したい。

 

今年の開催は例年と比べて勝ちタイムも遅いので、レースレベル的にはちょっと微妙かなぁとは思う。

残りの2重賞は土曜までに回顧する予定です。