2019日経新春杯の回顧です。

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

日経新春杯の回顧です。

 

ラップなど

12.6-10.7-10.8-11.8-12.4-12.6-12.9-12.8-11.9-12.2-13.1-12.4

前後半4.4秒差という超絶ハイペース。京都外回りコースでこれほどのハイペースになるのは予想できなかった。エーティーサンダーとサラスが軽ハンデの一発ねらいで主張して行って、さらにアイトーンやロードヴァンドールも先行争いに加わってくる。序盤のポジショニング争いが激しくなったことで連鎖的にペースも上がってしまいました。

 

1着グローリーヴェイズ

好スタートを決めるがペースを読んで後方待機。ミルコのペース判断が冴えたレースでした。グローリーヴェイズ自身も操縦性が非常に高く、さらには高速馬場も時計の掛かる馬場も問題なし。トップクラスの馬相手だとまだ信頼置けないですが、G2戦線では今後も楽しみ。

 

2着ルックトゥワイス

コーナーが苦手そうな馬なので、ハイペースになって勝負どころで速いラップを問われないのがよかった。京都外回りの長い直線だったのも好走要因の1つだと思う。

かなりハマった感のあるレースではあったので、このクラス相手だとまだちょっと信頼置けないかなぁというのが率直な感想。

 

3着シュペルミエール

屈腱炎再発で引退とのこと。お疲れ様でした。

シュペルミエール やはり引退へ | 毎日が一口馬主!

たまたま見かけた1口オーナーさんのブログなんですが、読んでて目頭が熱くなったなぁ…

 

4着ノーブルマーズ

本来は内で器用に競馬がしたい馬なので、後方外目からの競馬は難しかったと思う。それでも4着まで来たのは立派。このくらいのメンバー構成なら枠順問わないで結果を残せるのかな。

 

6着ムイトオブリガード

高速馬場向きと踏んでいるので、時計の掛かる馬場だったのも影響あったとは思う。とはいえ、プラス14キロの馬体重を考慮すると、よく走ってるとも思うし判断の難しいレースになった。とりあえず高速馬場向きとは思うけど、人気次第では馬場が悪くてもフォローしておきたい。

 

9着メイショウテッコン

出遅れてしまったのが大きかった。気性的にも追いかけてポジションを獲りに行くのは難しいので。3角で捲くる競馬になりましたが、ラップも緩んでいたので仕掛けどころとしては絶妙なところだったと思う。スタートはやはり不安ですが、この敗戦で人気が落ちるなら、次走積極的に買いたい。

 

11着ウインテンダネス

基本的には「スロー」「内枠」「高速馬場」向きでいろいろと噛み合わなかった。力負けではないので条件ハマるレースで厚く買いたい。

 

13着ロードヴァンドール

「今日の感じだと良くなるのに時間がかかりそう」とのコメント。回避した目黒記念から状態戻るのに苦労している印象を受ける。とはいえ人気しないタイプの馬なので、しばらく追っかけたいところ。

 

15着アフリカンゴールド

正直ここまで負けたのは意外だった。この馬にしてはオーバーペースだったのかも。能力はある馬だと思っているので、しばらく追いかけたい。

 

京成杯の回顧はちょっと遅れちゃいます(;´・ω・)

東海SとAJCCは土曜中に公開できるように頑張ります。