2019アメリカジョッキークラブカップの予想です。本命ジェネラーレウーノ

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

2019AJCCの予想です。

中山2200は残り1200M手前から下り坂に入るので、そこから徐々にペースが上がって行くコースになる。

先行したい馬がそこそこいるので、序盤ちょっとだけペースが上がる可能性もありそうですが、せいぜいミドルペース程度と予想。スローからミドルのロンスパ戦を想定して予想を組み立てたい。

 

◎ジェネラーレウーノ

対フィエールマンで考えて、主導権を握れる脚質のこちらを本命にする。ハイペースを粘った皐月賞のレースぶりもよかったし、ミドルペース以上での中山なら崩れる可能性は低いはず。

前走菊花賞でドスローまで落としてしまっただけに、同じような騎乗をされたら困っちゃうところですが、「瞬発力勝負の形では分が悪かった」という田辺騎手のコメントもあるので大丈夫かなと思う。そこそこ先行馬もいるし内枠でポジションを獲りに行く必要があるので、自然と適性ペースに収まってくれると予想。

 

〇サクラアンプルール

基本的にはスローロンスパ戦が得意で、そういうレースになりやすい中山コースも得意にしている馬です。前走有馬記念も不利な枠順に入りながらよく頑張っています。斤量もフィエールマン、ダンビュライトより軽いので、逆転の可能性も十分あると思う。

 

▲ミライヘノツバサ

こちらも中山コースが得意な馬。1年半の休養から叩き3戦目で、コメントによると体調もグンとよくなってきたとのことで、状態次第では十分チャンスはあるかなと。

 

★ダンビュライト

昨年の勝ち馬。ロンスパ戦も得意なのでチャンスは十分ある。

年齢を重ねて気性の悪さが顔を出し、近走は放馬に出遅れと散々なレースが続いていますが、出遅れてもしっかり追い込んで来てくれるので、このくらいのメンバー構成なら信頼度は高いかなと思う。

不安要素としては北村友一騎手は内の意識が強いので、出遅れから内で詰まってって危険性もありそうではある。前走のチャレンジカップも詰まりそうな進路取りで怖かったので。そういうところを考慮して少し評価を下げた。

 

△フィエールマン

菊花賞のレースぶりを見てもスローの瞬発力勝負向きの馬で、ロンスパ戦になりやすい中山コースは不向きに見える。とはいえペースが速くなったラジオNIKKEI賞でもそれなりに対応していたので、このメンバーならロンスパ戦でもチャンスはあるかなと。

帰厩後に熱発があったようだし次走はドバイを予定しているようで、叩き台の可能性も少なくない。この人気だと買いにくいなぁと思いつつも3連系を買うなら一応押さえておきたい。

 

△ショウナンバッハ

左回り巧者な感じもありますが、昨年のオールカマーも悪くなかったので、ハマればチャンスはあるかなと。前走中日新聞杯でも勝負どころで大外回しながら突っ込んできたのは、なかなか迫力がありました。新潟記念の前から調教パターンを変えて、コース追いを増やしたのも好走が続いてる要因の1つかもしれません。人気もないので押さえておきたい。

 

以上6頭。人気どころで決まるとガミっちゃいそうですが、ヒモ荒れを期待して。