2019シルクロードステークスの予想です。本命セイウンコウセイ

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

シルクロードSの予想です。

Bコースに替わるということもあって例年内枠の活躍が目立つレースですが、今年はさほど内外の馬場差はなさそうではある。雪の影響もあって馬場の予測も難しいですが、標準程度からやや時計の掛かる馬場と想定して予想を組み立てたい。

京都1200は3角に下り坂があり、直線も短いので前が残りやすいコースではあります。逃げれる馬が多いのでペースも速くはなりそうですが、やはり前目の馬重視したい。

 

◎セイウンコウセイ

スプリンターズSはテンでダッシュがつかず、外目外目での競馬になったのが敗因。内有利のレースだったので、着差ほど負けてはいないです。

もちろん今回もダッシュつかない可能性もありますが、ブリンカーの効果もあってか調教での動きもよく、池添騎手が「ビックリするくらい行きっぷりがよかった」と舌を巻くほど。初チークとなった函館SSでも結果を残しているので、馬具の着用が素直に結果に出るタイプかなと思う。

揉まれ弱いタイプなので枠も悪くはないはず。ラブカンプーとサイタスリーレッドが主張して行くはずなので、2頭のやや外というのはベストに近いかなと。タフな馬場も得意なので一発あっても不思議はないです。

 

〇ラブカンプー

森田調教師が泣きのコメントを入れてるのは気になるものの、やはり昨年のパフォーマンスは非常によかったです。

なかなかレベルの高かったアイビスSDにハイペースの北九州記念、王者ファインニードルを相手にしたセントウルSとスプリンターズS。どれも内容よかったので状態さえ万全なら上位争い必至かなとは思う。

コメントによると背中の痛みやトモの踏み込みに不安を抱えているようで、そういうところが心配ではある。

ですがハイペースでも最後まで踏ん張ってくれるし、馬場や連戦も苦にしないタイプなので、実戦になればしっかり結果を残してくれるんじゃないかと。メンタルの強さを評価して2番手に推したい。

 

▲ダノンスマッシュ

名スプリンターを多数輩出している安田隆行調教師が「この馬で香港に行きたい」というくらい評価しているわけで、今後の飛躍が期待される一頭ではある。

前走京阪杯では狭いところを抜け出せる操縦性の高さも見れたし、2着以下にしっかり着差をつけたレースぶりもよかったです。

ちょっと心配なのは北村友一騎手が内の意識が強いので、しっかり抜け出せるかどうか。京阪杯では失速したワンスインナムーンのところで進路を獲れましたが、セイウンコウセイとラブカンプーが前にいる状況だと難しいかもしれない。ミルコと池添さんはなかなか進路を譲らないだろうし外にはラインスピリットもいそうだし。

スムーズなら1着の可能性も大きいと思いますが、ポジション次第では不発に終わる可能性も想定して3番手評価にしました。

 

★ラインスピリット

こちらもレベルの高いレースでしっかり結果を残しています。以前は高速馬場向きっぽいところがありましたが、ここに来て重馬場のセントウルSに稍重のスプリンターズSと結果を残しているのは立派。前走阪神カップは物足りないレースになってしまいましたが、1400戦と休み明けだったのを考慮すれば、今回一変の可能性も十分あると思います。人気もないので押さえておきたい。

 

△ペイシャフェリシタ

前走カーバンクルSはモズスーパーフレア、ナックビーナス(斤量58キロでしたが)、レジーナフォルテと好メンバーが揃っていたなかで4着と健闘しました。時計の掛かる馬場が得意な馬なので、高速決着のなかでの4着は評価できる内容。休み明けを叩いての上積みがあればここでも侮れない。

 

買い目

単勝セイウンコウセイ

馬連軸セイウンコウセイ

ーラブカンプー

ーダノンスマッシュ

ーラインスピリット

ワイドセイウンコウセイーペイシャフェリシタ

三浦皇成騎手は重賞での3着が多いのでペイシャフェリシタはワイドで買っておこうかなと。