2019東京新聞杯の予想です。本命タワーオブロンドン

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

週中の川崎記念は〇◎▲で決着。対抗ミツバはかなり自信があったんですが、さすがにケイティブレイブ相手に差しきるとは…。ケイティはG1のタフなレースが続いていたので、状態的にも一息だったのかもしれません。予想前にこういう発想を持てないとアカンですね。

 

さて東京新聞杯の予想です。

東京の長い直線なので長くいい脚を使える馬を重視したい。近年はやたらとスローな流れになるレースなので、ある程度前目のポジションが欲しい(テトラドラクマが速いペースを作りたい馬なので、場合によっては前半速くなる可能性もありそうですが)。

とりあえず内目と前目が有利になりやすいので、そういうイメージで。

 

◎タワーオブロンドン

前走のキャピタルSは前後半3秒差というドスローのレース。「まず届くのは難しい」という位置取りでしたが32.4秒の鬼脚を繰り出して2着。「古馬と同斤量」「休み明け」と分が悪い条件ながら見事なレースぶりでした。1着グァンチャーレもOPG3レベルでは上位の馬なので、レースレベルも高かったです。

アーリントンカップではラセットの藤岡佑介騎手に執拗に蓋をされ、苦しいレースではありましたが、余裕のある走りっぷりで勝利を収めました。

大敗となったNHKマイルは直線でゴチャついたうえに前をカットされる不利もあり、どうしようもないレース。内目の枠に入ってしまったので、今回も進路を確保できないという可能性も少なくはないんですが、G3なら内にこだわらないで進路を確保してくれるんじゃないかと。

 

〇ロジクライ

昨年はマイル戦線の上位馬相手にしっかり結果を残しました。高速馬場にも対応できるようになって、馬自身大きく成長している印象を受けます。前目のポジションを獲れる馬なので、しっかりレースメイクできればチャンスは大きい。

 

▲サトノアレス

前走の阪神カップは負けすぎではありますが、

・内有利のレースを大外ブン回した

・久々が響いた

・そもそも1400は短い

・高速馬場向きで馬場状態が合わなかった

と言ったところが敗因だと思う。今回は好転する部分も多いのでスムーズなら十分チャンスはあるはず。安田記念も外目を回した馬のなかでは最先着で、レースぶりは非常によかったです。 

 

以上3頭。

馬連ボックスとタワーオブロンドンの単勝を予定。5倍くらいつきそうなのでワイドでもいいかも。

 

他の馬について

 

・インディチャンプ

前走元町Sは直線で横向きながら完勝。強いのは間違いなくて能力が発揮しきれれば重賞でもチャンスは大きい馬です。

気性的に行きたがるところがあるので、初の関東輸送がどう出るか?というのが不安要素。折り合い重視で後方からの競馬になる可能性も高いと思うので、内枠に入ったのも気になるところ。開幕2週目の東京コースなので内はなかなか開かないだろうし、外に出すのもロスが出るわけで、そういうところで噛み合うかどうか。ポンっと好位とって折り合いつけば勝ちきる可能性も高そうですが、オッズと相談して今回は消しにしました。能力は高い馬なので2着3着は十分ありそうですが。

 

・レッドオルガ

エリモピクシーの産駒はとにかく東京1600を得意にしているわけですが、過去のレースぶりを見ると東京1600といえども重賞は厳しそうではある。現時点では単勝1桁台とかなり人気してしまっているので、オッズ的にも旨味がないかなと。