2019きさらぎ賞の予想です。本命ヴァンドギャルド

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

きさらぎ賞の予想です。

出走頭数も少ないのでスローペースになる可能性が非常に高そう。近年の傾向を見ても上がり上位の馬が順当に結果を残しているので、今年もそういったイメージで。

 

◎ヴァンドギャルド

ホープフルSは勝負どころでの不利があっての6着。スムーズなレースだったら2着3着はあったはずで内容自体は悪くなかった。

この世代は東スポ杯がなかなかレベルが高くて、ニシノデイジーとクリノガウディーはG1でも健闘しているし、4着のヴェロックスも若駒Sを勝利しています。なので東スポ杯上位馬は素直に信頼していいと思う。

新馬戦では12.7-11.4という加速力が問われるラップもしっかり対応しているので、ドスローまで落ちてもある程度信頼できそう。

ホープフルSのダメージとかそういうのがなければチャンスは大きいはず。

 

〇アガラス

こちらも東スポ杯上位馬。大活躍のノーザン天栄が、戸崎騎手遠征させてまで出走させているわけで、陣営の期待度も高いはず。目標がホープフルだったヴァンドギャルドより臨戦過程もよさそうではある。

実力さえ発揮できれば上位争い必至だとは思いますが、行きたがる気性なので、壁を作れない外枠に入ってしまったことと、関西圏への輸送には不安も残る。

とはいえ東スポ杯は行きたがるところを見せながらも強い内容だったし、中間は落ち着いているという報道もあります。輸送さえこなせれば。

 

▲ダノンチェイサー

セレクトセールで2億5000万という高額馬ですが、いまのところ物足りないレースが続いている。こちらも少し行きたがるところがあるので、距離延長というのも不安要素。

池江泰寿調教師がこのレースを得意にしているので、少し評価を上げて3番手。

 

★メイショウテンゲン

前走は直線で外へ外へと進んで行く荒削りなレースぶりでしたが、ラスト2Fを12.2-12.2のラップで完勝。最後に坂のある阪神コースでこういうレースができたのは、なかなかインパクトのあるものではあった。

真っ直ぐ走ってくれれば上積みも見込めそうだし、お母さんが京都得意だったメイショウベルーガというおもしろそう。

 

以上4頭にしました。

エングレーバーは器用で小回り向きっぽいところがあるので、今回は消しにしました。京都外回り得意な藤岡佑介騎手なので怖い一頭ではありますが。

買い目は

ヴァンドギャルド→アガラス←→ダノン、メイショウの4点と

アガラス→ヴァンドギャルド→ダノン、メイショウの合計6点で。