2019京都記念の予想です。本命タイムフライヤー

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

f:id:mugi_1023:20181201040408j:plain

京都記念の予想です。

土曜のレースを見ると内が荒れている感じで、10R11Rともに内の馬が不発に終わっていました。なので、直線で外目の進路を獲れそうな馬を中心視したい。

展開のカギを握るのはダンビュライト。瞬発力勝負が苦手なので、先行志向の強い松若くんに変わるのはおもしろい。ミドルペース、もしくはスローロンスパ戦に持ち込んで、しっかり脚を使ってくれるんじゃないかと予想します。音無調教師が逃げるの嫌いなので、そこだけがちょっと気がかりではある。

 

◎タイムフライヤー

2歳時の萩Sと京都2歳Sのレースぶりが印象的で、時計の掛かる京都開催というのはベストの条件なんじゃないかと。ホープフルSを追い込んで勝ってしまったので迷走している感じもありますが、本来は前目で競馬をするのがベストだと思うので目標にできるステイフーリッシュが内目の枠に入ったのは大きいと思う。

中山金杯では休み明けでプラス10キロのなか、ステイフーリッシュとは僅差の競馬ができているし、今回は斤量も1キロ少ない。逆転の可能性も十分ある。G1馬の復活に期待したい。

 

〇ステイフーリッシュ

中山金杯では捲くりの競馬で結果を残し、ずいぶんと操縦性が高くなりました。心身ともに大きく成長している印象を受けます。ダンビュライトを見ながらポジションを獲れそうなので、展開も恵まれそうではある。

藤岡佑介騎手は土曜10Rで馬場の悪いところに入って1番人気を飛ばしてしまったので、今回は馬場のいいところを意識して乗ってくれると思うし、京都外回り得意なジョッキーなので鞍上の手腕にも期待。

重い馬場での経験がないので、そこだけが心配。

 

▲マカヒキ

 この馬は基本的に「長い直線が得意」という認識でいいと思ってる。中山や札幌でも結果を残していますが、ペースが速くなって3角4角で速いラップを問われなかったのが大きかった。3角に下り坂があり直線も長い京都外回りコースはベスト条件に近いんじゃないかなぁ。岩田騎手だしギリギリまで我慢してのズドンがあるかも。序盤に接触があったとはいえ天皇賞秋は負けすぎなので、そこが気がかり。

 

△ノーブルマーズ

「内枠で器用に競馬をしたいタイプ」と踏んでいただけに、前走外から伸びてきたのは驚いた。今回は内枠なので枠順確定の段階では本命候補に考えていたんですが、内突いたら伸びなそうではある。内で競馬をするのが得意なだけに評価を下げました。

 

△ブラックバゴ

こちらも長くいい脚を使うタイプで長い直線向き。重馬場でも結果を残しているので、一発あっても不思議はないです。

 

以上5頭で。

パフォーマプロミスはスッとポジションを獲れるレースがベストなので、距離短縮での2200戦はちょっと微妙かなと。福永騎手も序盤無理にポジションを獲るタイプではないので。

ダンビュライトは松若くんが上手く乗れるかどうか。京都外回りは仕掛けどころも難しいしダンビュライト自身気難しい馬なので。ダンビュライトが早めに動くと予想しているので上手く乗ってくれないと困っちゃうわけですが…(;´・ω・)